「どうせお世辞でしょ?」 卑屈にならずに褒め言葉を受け取るには?

相手から褒めてもらったときに、卑屈にならずに言葉を受け取るにはどうすればいいのでしょうか?

会話
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

誰かに褒められたとき、「どうせお世辞でしょ」と卑屈な気持ちになっていませんか? 相手の言葉を疑ってしまうのも、自分の気分がよくないですよね。

褒め言葉を素直に受け止めるには、なにを意識すればいいのでしょうか。fumumu取材班が、考え方のコツを聞いてきました。


①まずは「ありがとう」

「周りから褒められたときは、まずはお礼を伝えることが大切だと思います。相手の言葉がお世辞かどうかは、たとえ聞いてもわからないと思うから。


わからないことを疑って疲れるより、サラッとお礼を言って流したほうが自分が楽だと思います。お礼を言うことで、相手の言葉を受け止める練習にもなるんですよ。


毎回褒め言葉を否定していたときより、ちゃんとお礼を言っている今のほうが、褒められた直後の卑屈な気持ちが湧いてこないんです。素直に言葉を聞く練習の効果が、少しずつ表れているんだと思います」(20代・女性)


関連記事:「どうせ私なんて…」 卑屈な性格の直し方はあるの?

②お世辞で褒めない

「相手の言葉を疑ってしまうのは、自分も同じようにお世辞で褒めているからだと思います。自分がいつも本心で褒めていれば、相手の言葉を疑うこともないんじゃないでしょうか。


自分が本心で相手を褒めていないから、結局相手もそうなんでしょ、と決めつけてしまうんだと思います。相手の言葉を素直に聞きたいなら、まずは自分が本心で誰かを褒めてみるべきだと思います。


自分ができていないのに、相手には本心で褒めることを求めるのは傲慢ですよね。誰かを褒めることに慣れたら、自分が言われる褒め言葉も、相手の本心だと信じることができるんじゃないでしょうか」(20代・女性)

次ページ ③卑屈になる原因を探す

おすすめ記事