衣替えはチャンス! アパレル店員が実践「服を捨てる4つのルール」

クローゼットが着ていない服でいっぱいに…捨てるなら今の時期!

捨てられない洋服
(globalmoments/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

「いつかは着る」「捨てるにはもったいない」そう思いながら、ずっと放置されている服…。

衣替えは、クローゼットの中身を棚卸しし、「着ない服」や「着れない服」の断捨離をする絶好のチャンス!

そこで、fumumu取材班は捨てる洋服を決める方法について、洋服の増えがちな元アパレル店員が実践した話を聞いてみました。

 

①今シーズン一度も着なかった服は捨てる

「今シーズン一度も着ていない服は、「着ない」もしくは「着れない」、何かしらの理由があります。

 

理由が解決されない限り、翌シーズンになったら着ることはまずないですよね」

 

ファッションのトレンドは流れが速く、毎年デザインやシルエットが変わりがち。

仮に「今シーズン一度も着なかった服」を翌シーズンに着ようと思っても、どこか野暮ったく、垢抜けない印象になってしまうそうです。

 

②傷や汚れのある服は捨てる

「傷や汚れのある服を今まで残している場合、気に入っている服なのだと思います。

 

でも、外に着て出る機会はなかなかないでしょう。優先的に捨てたいですね」

 

着て外出できるかどうかは、見極めのバロメーターに。

 

③サイズが合わない服は捨てる

「『痩せたら着られる』と思っていても、痩せるまでにどのくらいの月日がかかるでしょうか?

 

痩せた時には嬉しさのあまり、また別の服を着たくなるものです」

 

シーズン中に痩せるのは、正直難しいですよね。

サイズが合わない服を無理して着るよりも、今の体型に合った服を選び直すと、スタイルが良く見える場合もありそうです。

 

④着ても気分が上がらない服は捨てる

「どうせ着るなら、お出かけが楽しくなるような服を選びたいですよね。

 

服がどんなに可愛くてキレイでも、着る人に似合うかどうかは別問題です」

 

着ても気分が上がらない服は、今の自分に似合っていない服なのだそうです。

なかでも、顔映りや着心地が悪い服は、気分を沈ませる恐れもあり、注意しておきたいところですね。

 

■残すのは「今週着る服」だけ

具体的にイメージしやすいのは「今週着る服」だけ残すこと。近い将来の期限を設けて、選ばなかった服を手放してみましょう。

服を捨てると、日々のコーディネートに悩むことも減るそうです。4つのルールを参考に、衣替えのタイミングには断捨離にチャレンジしてみませんか。

・合わせて読みたい→コーディネートを教えてほしい? プロの手で激変した人も

(文/fumumu編集部・NANA

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!