最上もが、SNSでの応援について本音を告白 ファンから共感の声

最上もがさんが、SNSで反応することの大切さについて本音を公開しました。

最上もが
25日、元でんぱ組.incの最上もがさんがツイッターでSNSでの応援について本音を明かしました。


■SNSで仕事が決まる時代

22日、YouTuberバンド「犬も食わねぇよ。」のサスケさんが「SNSで反応はしないけど陰ながら応援してます」と言う人に向けた考えを、ツイッターで投稿しました。

今はSNSのいいね数とかでゴリゴリ仕事決まる時代。SNSで反応するだけで大きな応援になる。ファンがそうやって”陰ながら応援する勢”になったら推しは仕事が来なくなってしまう…という内容を綴りました。


関連記事:みちょぱ、本音を明かしファンから「病んでる?」の声も即反応

■みえないものはみえない

最上さんは、このツイートに反応。「反応ないからファンじゃない…とは思いませんけど、(ファンってぼくが決めるものじゃなくそれぞれの気持ちの話だと思いますし)」と、あくまで気持ちの問題だと前置きしつつ、「みえないものはみえないし、わからんです!あと、さみしいな~は感じます」と、見えない限りはどうしてもそれが全てになってしまうし、寂しさもあると本音を語りました。

コメントに添付された画像には、ファンからの「普段反応しなくても応援している人はたくさんいる」という声に対し、「反応もなにもないのにまだ自分のこと応援してくれているだろうな!と自惚れることは出来ない」と、日頃感じている正直な思いを伝えました。

次ページ ■反応が全てではないけれど

おすすめ記事