最上もが、SNSでの応援について本音を告白 ファンから共感の声

最上もがさんが、SNSで反応することの大切さについて本音を公開しました。

■反応が全てではないけれど

しかし「忙しくなって、とか、精神的にしんどいから、とか、いろんな事情があるのはわかってますし、反応が全て!って言ってるわけではないです~」と、あらゆる可能性について理解するよう心がけていることを追記。

「昔からいってますが、在宅でもなんでも好きって気持ちは嬉しいです 応援の仕方はそれぞれ。でも見えるのは分かりやすいから尚嬉しい!て感じです!」応援はもちろんどんな形であれ嬉しいけれど、目に見えた方が直接実感することができるから嬉しさも増すということを伝えました。


関連記事:最上もがの恋愛観にファン共鳴 「性別も年齢も時間も関係ない」

■拍手しないでライブみているようなモノ

最上さんの投稿を見たファンからは様々な反応が集まりました。

「つい好かれようとカッコつけたリプを考えて結局送れなくなるパターン多すぎるから、素直に思ったこと伝えれるようになりたい!てことで、ずっと変わらず好きで応援してます!!」「いいねしないのにいつも見てますって、拍手しないでライブ見てますって言ってるようなもんですかね」「言わないと愛は伝わらないな 好きです」など、最上さんのコメントに共感する反応が寄せられています。

応援の気持ちは積極的に伝えていきたいですね!

・合わせて読みたい→最上もが、スタッフや兄弟の偽物に言及 「親戚がめちゃくちゃ増えた」

(文/fumumu編集部・キミシマ

おすすめ記事