遠野なぎこ、手越の会見に言及 「言い訳が苦しい」「薄っぺらく感じた」

遠野なぎこさんが、手越祐也さんの会見についてコメントしました

遠野なぎこ
(写真提供:JP News)

24日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に出演した女優の遠野なぎこさんが、ジャニーズ事務所を退所した手越祐也の会見を通して持論を展開しました。


■会食は「医療従事者との情報交換」

23日、緊急記者会見を行った、元NEWSのメンバー手越祐也さん。会見では、問題になった自粛期間中の外出・会食についても言及。

女性も交えた外食をしていたことに対し「医療従事者との情報交換のためだった」と答えた手越さん。先方が「女性も連れて行く」とのことで手越さんも同じく女性を連れていったことを説明しました。


関連記事:手越祐也、事務所を退社 メンバーもコメント「自分の力不足を悔いて…」

■「薄っぺらく感じてしまいました」

手越さんの会見に遠野さんは「まず、飲みに行ったことの言い訳は苦しいものがありましたよね。そこに女性が同席する必要は全くないわけですし、医療従事者とかボランティアとかいう言葉を出せばいいという考えが、薄っぺらく感じてしまいました」とコメント。

続けて「力みすぎな感じがしました。自覚されているのか無自覚なのか分からないけど、おそらくものすごい恐怖心の中にいるから、自分を凄く大きく見せようと。だからご自身の名前をすごい連呼されたり『圧倒的な影響力』とか、そんなの自分から言う言葉ではないですから。そういう言葉を発していることに、なんかちょっと聞いていて心配…というかツラくなっちゃいました私は」と、持論を述べました。

次ページ ■橋本マナミ「裏目にでたんじゃ…」

おすすめ記事