赤江珠緒アナ「精神状態が…」 番組復帰に涙 カンニング竹山もタジタジ

新型コロナウイルスの感染で2カ月間、番組を休んでいた赤江珠緒アナが8日、復帰しました!

赤江珠緒
(写真提供:JP News)

新型コロナウイルスに感染していたフリーアナウンサーの赤江珠緒さんが、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組『赤江珠緒 たまむすび』(TBSラジオ)に復帰しました。


■第一声は…

赤江さんは夫が感染したのち、自身も発症。症状が悪化した4月23日から入院し、抗インフルエンザ薬「アビガン」の投与などで回復し、5月4日は退院し、自宅療養を続けていました。

そして8日放送の『たまむすび』に、復帰した赤江さん。4月9日以来の出演となる番組冒頭では「みんなっ! 元気ー!? たまおお姉さん、もとい、たまおおばさんも元気元気ー!」と、『おかあさんといっしょ』(NHK教育)を意識したというハイテンションで第一声を届けました。


関連記事:大久保佳代子、「暇すぎて…」 親友・いとうあさこの似顔絵が完成

■「すっごい気恥ずかしさ」

赤江さんのテンションに、月曜日のパートナーであるカンニング竹山さんも「空回っちゃって、無理しすぎだよ」と苦笑。

スタジオにはテレビカメラが何台も入っていることを明かし、「第一声が注目されている」と言われたことから、「緊張もしているし、すっごい気恥ずかしさがあるんですよ」と吐露しました。

続きを読む ■「自分の精神状態が…」
  • 1
  • 2

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事