顔相鑑定(51):神木隆之介・祝27歳 あの声の秘密は成長したアゴにあった!

顔相鑑定士の池袋絵意知が、今話題のあの人やこの人の顔相を解説します。今回は俳優の神木隆之介さんを鑑定!

池袋絵意知 顔相占い

顔相鑑定士の池袋絵意知です。今回は俳優の神木隆之介さん。

5月16日まで5週間にわたって放送された、池井戸潤のベストセラー小説をドラマ化した『鉄の骨』(WOWOWプライム)では、主演として中堅建築会社の若手社員・富島平太を演じました。

2005年に公開された 映画『妖怪大戦争』でブレイクした“天才子役”の神木隆之介さんも、本日、5月19日の誕生日で27歳に! 今回は子役時代から変化した部分を中心に鑑定します。


■四角いアゴの神木隆之介

神木隆之介

もっとも大きく変わった部分は、角張ったアゴです。一般的に人間は子供から大人に成長するにつれてアゴがしっかりしてきます。なかでも男性ホルモンの多い人ほど下顎の頤(オトガイ)がガッシリしてきます。

男女両方に見られるものですが、特に男性はアゴ先がガッシリしてきます。男性のオトガイが幅広いのは、女性に比べてはるかに太い喉頭(こうとう)を収納するためであり、その幅広さが低い声とともに性的魅力になったと人類学では考えられています。


関連記事:神木隆之介、吉沢亮は「歩く彫刻」発言にファンから共感の嵐

■子供の声から大人の声へ

神木隆之介さんといえば、8歳の時にアニメ映画『千と千尋の神隠し』で声優デビュー。巨大な赤ちゃん・坊(ぼう)役にピッタリの「こどもこども」した声をしていました。

それから15年後、23歳の時にはアニメ映画『君の名は。』で主演。声変わりした青年の声で男子高校生の立花瀧を演じ、第11回 声優アワードで「主演男優賞」を受賞します。

俳優業でも声の評価がとても高い神木隆之介さんですが、あの声を支えているのは角張ったアゴに秘密があったのです。


■中性的な顔の理由とは?

口は、子役時代は女性かつ子供の厚めでぼんやりした女の子っぽい唇をしていたのですが、今は横長で直線的の男性的な口をしています。しかし、口角がキュッと上がっていて全体的にはどことなく中性的な印象です。

なぜ、そう見えるのか? 口角の上がり方が女性っぽいだけでなく、目が女性っぽいからだとわかりました。目の形ではなく瞳の奥に女性のような優しい色気があるように感じます。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ドラマの収録を見合わせる動きが出ていますが、アニメならリモート収録で製作することはできないでしょうか?

27歳の神木隆之介がどんな声でどんな役を演じるのか見てみたいです。


★最新情報や写真鑑定のお申込みは「顔相鑑定士 池袋絵意知公式サイト 」をごらんください。

・合わせて読みたい→神木隆之介、中村倫也に「ともくん」呼びが可愛すぎる!と話題に

(文/fumumu編集部・池袋絵意知

おすすめ記事