顔まわりやトップの短い毛… これって切れ毛!? 3つの原因と対処法

ピンピン跳ねる。顔まわりやトップの短い毛の秘密に迫る。

ベアージュ

よく日常生活で発見してしまうトップや顔まわりの短い髪の毛。一体これはなんなのでしょうか?

そして何が原因で、どう対処したらいいのでしょうか? 3つの原因と対処法を、現役美容師がお答えしていきます!


■ダメージが原因の場合

度重なる熱の入れすぎや摩擦、施術ダメージによるものが原因のケースです。

アイロンなどの熱処理、寝ている時にこすれている摩擦、ハイダメージを繰り返す美容院での施術の積み重ねです。

★解決策

日頃の生活のケアを見直しましょう。アイロンなどの熱を入れる前にはスプレーで保護したり、寝る前にはシリコンキャップやオイルを用いたり、美容院選びの際にダメージケアを売りにしているところを選んだりと、日々の生活で改善が見込めます。

短い毛ができてしまったらしっかりケアを。出来ればその毛を作らない!これが重要ですね。


関連記事:ヘアブリーチで気軽にイメチェン! する前に絶対に気をつけてほしいこと

■梳き方が原因の場合

これは美容師側に問題があり、ハサミの入れ方に問題があります。お店が違えばやり方も違い美容師さんにも色々なタイプが居ます。

表面付近の根元の毛は梳かないという暗黙のルールはありますがデザインにより変化し、正解がないのも事実です。

★解決策

事前の情報収集や当日のカウンセリングでしっかりとお悩みを共有しましょう。「アホ毛や短い毛で悩んでいます」とはっきりということも大事かもしれませんね。

次ページ ■生え変わり時期が原因の場合

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事