「面倒な家事」から抜け出したい! 上手に手を抜く3つの方法

面倒な家事をなるべく簡単に済ます方法を、fumumu取材班が聞いてきました。

悩む女性
(monzenmachi/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

家で居心地よく過ごしたいと思いつつ、頭にチラつく面倒な家事。上手に手を抜くことができたら、家事のプレッシャーからも抜け出せるかもしれません。

fumumu取材班が、気楽に家事をこなす方法を聞いてきました。


①「ついで家事」を意識

「『家事をしよう!』と意気込むと、面倒な気持ちが出てきてしまうので…。なにかのついでに、ササッと家事を済ませるようにしています。


お風呂に入りながら軽く掃除をしたり、料理をしたついでにキッチンペーパーで周りを拭いたり。生活をするついでに、できる範囲で家事を済ませてしまうんです。


汚れが溜まってから、ガッツリ家事をするのが向いている人もいるでしょうけど…。私は、家事に時間を取られるのがストレスになるんですよね。


なにかをしたついでに片づけたり、掃除をするくらいなら、やる気を出さずに家事ができるので楽なんです」(20代・女性)


関連記事:既婚者に聞いた! 男性に家事をお願いする時のコツ3つ

②掃除しやすい部屋づくり

「掃除が苦手なら、掃除がしやすい部屋に作り替えるのもおすすめです! 私は、キッチンマットとトイレマットに掃除機をかけることが本当に苦痛だったので、思い切って捨ててしまいました。


クイックルワイパーでサッと拭くだけでよくなったので、家事がものすごく楽になりましたよ。汚れが溜まってきたら洗濯をしなくてはいけないのも、つらかったんですよね…。


自分が苦手な家事を、さらに苦手にしている邪魔な物がないか、考えてみるのもいいと思います」(20代・女性)


③便利アイテムを活用

「完璧に家事をこなそうとするより、いかに楽をするか考えたほうが、やる気が出るんじゃないでしょうか。


トイレに汚れが落ちやすくなるスタンプを貼ったり、排水溝に入れるだけでOKの洗浄剤を使ったり。お金に余裕があるなら、乾燥機付きの洗濯機や、自動掃除機を買ってもいいですよね。


自分の手を動かさなくてすむなら、それにこしたことはないと思います。苦手な家事をこなそうと無理をするより、便利なアイテムに助けてもらったほうが、自分の気持ちが楽ですよね」(20代・女性)

家事をゼロにすることは難しくても、限りなく簡単に近づけることはできるはず。

便利アイテムにサポートしてもらいながら、家事の時短を工夫してみてくださいね。

・合わせて読みたい→「怒らせてしまった…」 同棲生活で気をつけるべき3つのポイント

(文/fumumu編集部・nana

→【2万冊以上が50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン

おすすめ記事