あなたは大丈夫? 婚活をこじらせる「危険な思い込み」

婚活は1人でするものですが、結婚は2人でするものです。自分の考えに固執し過ぎるのは、危険かもしれません。

悩む女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「私は頑張れる!」とか「なんとかなる!」と自分を信じ、人生の苦難を乗り越えてきた人は多いでしょう。

しかし、間違ったことを信じ込んでしまっている場合、視野が狭くなったり、誤った道を選んだりしてしまうこともあります。

fumumu取材班が、婚活をこじらせる「危険な思い込み」について、経験者の女性たちに詳しい話を聞きました。


①別れたら終わり

「『今の彼氏と別れたら、もう彼氏なんてできないかも…』と、全てが終わりのように悲観するのは危険な思い込みだと思います。『1人になりなくない』という恐怖から、好きでもない相手と付き合い続けていても、幸せになれるのでしょうか?


たとえ彼氏ができなかったとしても、『それが全てではない』『1人でも人生を楽しんでいる女性はたくさんいる』と前向きに考え方を変えた方が、人として魅力的に見え、結果的に良縁を引き寄せるような気がします」(30代・女性)


関連記事:結婚したい女子を利用する男…婚活に潜む罠とは

②結婚するまでには時間がかかる

「『結婚するまでには時間がかかる』という思い込みから、勝手にタイムリミットを決めて、逆算して焦っている女性は少なくありません。


しかし、「交際ゼロ日婚」や「スピード婚」などをしている人たちが普通にいる今、そこまで深刻に考えなくてもいいのではないかと思います。


『絶対に○歳までに結婚しなきゃダメだ』などと力み過ぎると、男性は逃げ出してしまいます。それよりも、『○歳までに結婚できたらいいな』くらいに考えていた方が、とっつきやすい女性として見てもらえるのではないでしょうか」(30代・女性)


③相手はきっと変わるはず

「自分自身は変わることができても、相手を思い通りに変えることなんてできません。事実、『長く付き合えば、結婚してくれるはず』と、3年間、彼氏の答えを待ち続けましたが、『3年間付き合っただけで、今後一生一緒にいる人を決めることなんてできない』と、呆気なくフラれてしまいました。


『相手はきっと変わるはず』というのは、ひとりよがりの思い込みだったみたいです」(30代・女性)


婚活を成功されるためには、ひとりよがりの思い込みをなくし、考えに柔軟性を持つことも大切なのかもしれません。

・合わせて読みたい→このままじゃ結婚できないかも…女友達と婚活していて焦る瞬間ワースト3

(文/fumumu編集部・志都

おすすめ記事