鬼龍院翔、不眠のファンのため… 10時間の動画を公開「狂ってやがるw」

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんがファンを癒やす動画を投稿し反響を呼んでいます

鬼龍院翔
(写真提供:JP News)

23日、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんが、バンドのYouTube公式チャンネルを更新。新型コロナウイルスによる不安等で寝れなくなっている人に向けて動画をアップ。


■10時間ひたすら羊を…

動画では、羊が右から左に流れていき、鬼龍院さんが淡々と「羊が1匹、羊が2匹…」と数えています。これを繰り返し、10時間ひたすら羊を9000匹数えています。

ツイッターでは、「数日前不安で眠れなかった時にこんなのがあるといいかもと思って作りました 。不安な夜に少しでも安心する材料になってくれたら」と、ファンの心を癒やすことを考えて作った動画であることを明かしました。


関連記事:金爆・鬼龍院翔、『女々しくて』の替え歌動画に降臨 神対応に称賛の声

■シュールな癒し動画

ファンからは、「エアーバンドという新しいジャンルのみならず、安眠ユーチューバーという新しいジャンルを開拓した鬼龍院翔は天才」「またシュールな癒し動画をありがとうございます…笑」「寝かせようとする姿勢はお母さん以上」と、爆笑と感心する声が寄せられています。

ちなみに、この動画の編集作業の際、鬼龍院さん自身が寝落ちしてしまったようです。


■「狂ってやがるwで正解」

自身でもクレイジーな企画だと思っているようで、「あ、リアクションとしては、狂ってやがるwで正解なので安心してね!」と追記。

「でも色んな人がこの録音方式(素材をコピペ)を使えば自身のファンを長時間癒す事が出来ると思ったよ。手探りだったので若干の不気味さもあるがw

また、これを機に「もっと抑揚のある語りを完成させて各々のファンを癒して頂きたい」とさらなる探求を進める模様です。

ちなみに、羊を数えるのは英語圏が発祥。「sheep(訳:羊)」がとても言いやすく、「sleep(訳:睡眠)」にかかっていることや寝息に近いことが安眠につながっているため、日本語では効果がないという話も…。

ですが、鬼龍院翔さんがひたすら側にいてくれている感覚が、睡眠へ誘ってくれるかもしれませんね!

★鬼龍院翔さんの羊を数える動画はコチラから! 

・合わせて読みたい→堂本光一、『愛のかたまり』替え歌で自粛呼びかけ 「2m以上あけましょう」

(文/fumumu編集部・Amy

→Amazonタイムセール祭り開催中~2月5日23時59分まで

おすすめ記事