ゆうこす、酷いニキビ肌だった過去… 克服した5つのことを紹介

ゆうこすさんが、ニキビ改善のために実践したことを明かしました。

ゆうこす

19日、“モテクリエイター”のゆうこすさんが、以前から多くリクエストをもらっていたというニキビ動画をアップ。自身が改善のために行なったポイントを5つ解説しました。


■元々すごいニキビ肌のゆうこす

ゆうこすさんは、ツイッターで「今日は以前からリクエスト多く頂いてたニキビ動画!! です!!! ニキビ改善の為に行った5つの事…をペラペラと語ってます!!」と動画の配信を告知。

「今でも、生理前とかに1個もできないってわけではなくて」と、今でもニキビができることは前置きしつつも、当時は片側に20個くらいは当たり前にあり、毛穴や繰り返すニキビなどがあったためコンプレックスだったそう。自身の取り組みでニキビを改善できるようになったことを説明しました。

長くからのファンからも、「どうやって!?」という反応が1番多いようです。


関連記事:お肌の悩み大調査! 20代女性の気になる1位は…?

■改善したポイント5つ

ゆうこすさんがピックアップしたポイントは以下の5つです。

①水をたくさん飲むこと

冬場でも1日に1.5リッターくらい飲んでいるそう。飲むようになってからトイレに行く回数が増えて循環される感覚があったこと、周りのモデルさんなど肌が綺麗な人はみんなしっかりと水を飲んでいることを説明しました。

水が苦手な人は、柔らかくて飲みやすい軟水から入ることをお勧めしつつも、硬水の方が美容にはいいと話しています。


②ビタミン剤をしっかり飲むこと。

インナーケアとして、食事では摂りにくいビタミンを補助するため、皮膚科でビタミン剤を処方してもらっているようです。

加えて、便通が良くなるため、ダイエット系サプリの「KENKO EXPRESS naturism」を飲んだり、エステサロンで腸マッサージをしたりもしているそう。


③クレンジングの見直し

ゆうこすさんの場合、肌が荒れていた時は毎回オイルクレンジングを使用していたようで、肌の水分量と油分量のバランスが崩れてしまったそう。

そのため現在は、ナチュラルメイクの時や、がっつりメイクの時などその時のメイクに合わせて、リキッド等とバーム、ミルク等メイク落としの商品を変えているとか。肌が弱いため天然由来成分の多いものを使用しているそうです。


④スチーマーを使うこと

当てることで肌の水分量が増えキメが細かくなるほか、血行が良くなるため、マッサージの時間も楽しくなるそう。


⑤睡眠を大事にすること

寝る前に引くタオルは毎日変えるのはもちろん、アロマを焚いて睡眠の質を高めているそうです。また、ベットリネンの質を良くしたり寝室の湿度を調整したりして寝心地も改善を図り、12時前に寝ることを目標に8時間睡眠を心がけているようです。


■努力で勝ち取った可愛さ

また、成分などを見て、自分の肌にあったスキンケアを探すことが大事だと語りました。

この動画にファンからは、「ゆうこすちゃんって努力で勝ち取った可愛さだから永遠見てられるし尊敬できる」「見習わないと…」と尊敬とともに参考にする声が多く寄せられました。

ニキビは1度できてしまうとしつこいですよね…。悩んでいる人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

・合わせて読みたい→きれいで自慢だったのに…肌が一気に汚くなった3つの理由

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事