コロナ太り予防に! 在宅ライターが体型維持のためにしている5つのこと

不規則な生活や運動不足などは、太る原因に! コロナ太りしないように、気をつけましょう。

起床
(oatawa/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

緊急事態宣言の発令を受け、外出を自粛していたり、リモートワークに切り替わった人は多いでしょう。家から出ない生活が続くと、自分でも気がつかない内に太ってしまうことがあります。

そこで、fumumu取材班が、体型維持のためにしていることについて、在宅ライターに詳しい話を聞きました。


①規則正しい生活を送る

「規則正しい生活を送ることは、食生活の乱れを防ぎ、体型維持に繋がります。


また、規則正しく食事を摂取していれば、空腹を抑えることもでき、無駄食いを減らす効果もあると思います」


関連記事:正月太り対策は今から! 無理なく体型維持する方法5選

②家の中でも外出時の服装を意識

「楽だからと言って、1日中スエットで過ごすのは危険です! 気がつかない内に太っていること、ありますよ。


私は、家の中でも外出時の服装を意識的に着て、体型の変化にすぐに気づけるようにしています」


③ボディチェックと体重計測が日課

「毎朝、トイレに行った後に体重を測ることが日課です。日々、具体的な数値を意識し続けることで、太らないように意識が向きますよ。万が一増えていれば、その日の午前中に断食をしたり、運動を多めにするなどして調整しています。


また、鏡を使って、家の中でも『見られている』意識を持ち続けることは、体型維持のモチベーションアップに繋がります。私は入浴後、鏡で全身をチェックし、余計なお肉がついていないか確認しています」


④洗濯物を干しながらスクワット

「思うように体を動かすことができそうにない時は、洗濯物を干しながらスクワットしています。


『ながら運動』なので、効率的に時間を使いながら体を動かすこともでき、一石二鳥です」


⑤間食は「茹で卵」一択!

「茹で卵1個分を消化するために必要なカロリーは、茹で卵そのもののカロリーより多く、食べれば食べるほど痩せると聞きました。


嘘か本当かは分かりませんが、茹で卵は食後の罪悪感が少なく、また満腹感を得られるのは事実。小腹が減った時は、茹で卵を食べるようにしています」


これらは、全て家の中でできます。

コロナ太り予防に、できることから始めてみませんか。

・合わせて読みたい→小島瑠璃子、露出度高めファッションにするワケ 「いろんなところの肌を…」

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事