大切な人を傷つけないために… 関係づくりで意識するべき3つのポイント

壊したくない関係性を、大切に扱うために。意識したほうがいいポイントを聞いてきました。

会話
(dusanpetkovic/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「この人のこと、大切にしたいな」 そう思う相手ができることは、とてもすばらしいことです。ただ、接し方を間違えると、いつの間にか相手を傷つけることに繋がるかもしれません。

fumumu取材班が、関係づくりで意識したほうがいいポイントを聞いてきました。


①自己犠牲を払わない

「相手に嫌われたくないからと、自分を犠牲にするのはやめたほうがいいと思います。自分を大切にとか、そういうことではなくて…。


自分を犠牲にして相手に尽くしていると、どこかで『こんなに尽くしてるのに!』と不満が出てくるんですよね。いずれ爆発して、結局相手を傷つけることになるから。


相手を大切にしたいなら、まずは自分の心身を考えるべきだと思います。自分に余裕があるからこそ、相手にも優しくできるんじゃないでしょうか」(20代・女性)


関連記事:初めての相手は慎重に…どんなところで見極めたらいい?

②不安を相手にぶつけない

「相手に対して不安があったときに、そのまま言葉や態度でぶつけてしまうのは避けたほうがいいですよね。相手からしても、不安をぶつけられてもどうしようもないと思います。


大切な人だからこそ、嫉妬したり心配になったりして、気持ちが荒ぶることもあるけど…。相手に伝えるなら、自分が冷静になるまで時間を置いたほうがいいと思います。


感情が高ぶっていると、本音とは違う言葉がポロっと出て、相手を傷つけることもありますからね」(20代・女性)


③態度で伝えようとしない

「人との関係性は、コミュニケーションをしようと思うからこそ築かれていくと思うんです。伝えようとしなくては、絶対に正確には伝わらないんですよ。


相手に気づいてほしいことがあるなら、伝える努力をするべきです。態度で察してもらおうとするのは、関係性がこじれるだけなのでやめたほうがいいと思いますよ。


機嫌が悪いアピールをして、相手から聞き出してもらおうとか。相手にとっても迷惑だし、自分の気持ちもしっかり伝わらないし、メリットがないです」(20代・男性)

愛情があるからこそ、「自分のことをわかってほしい!」と察してちゃんになりがちです。

相手に甘えすぎずに、コミュニケーションをないがしろにせずに接していきたいですね。

・合わせて読みたい→人付き合いが苦痛… 人間関係に悩まないコツはある?

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事