ハリー杉山、政府の判断に怒り 「国民の声が聞こえないのか?」

ハリー杉山さんが、政府の判断に怒りをにじませています。

ハリー杉山

30日、タレントのハリー杉山さんが、医療関係者の元にも十分なマスクがなく、感染者が増えることで医療関係者の負担が考えられないほと増えると訴えていました。

そのため、政府が「緊急事態宣言を出す状況にはない」と話したことに衝撃を受け、ツイッターに言葉を残しました。


■政府「宣言を出す状況にはない」

1日の参院決済委員会で、新型コロナウイルスについて、政府は「今この時点で緊急事態宣言を出す状況にはないと考えている」と述べました。

そして、緊急事態宣言について「新規の感染者数や感染源が分からない感染者数、海外が国内に与える影響、医療提供態勢などを総合的に判断する」とし、「何よりも国民の命を守るために判断して行きたい」と説明しました。また、ロックダウンができないことも明かしています。


関連記事:YOSHIKI、感染拡大が止まらない現状に呼びかけ 「今、僕らは…」

■ハリー杉山「危険に冒し続ける」

この政府の決断に、ハリー杉山さんは絶句。「何故? 何故出さない?  皆さんに聞きたい。何故出さないのか。専門家達の言葉を信じない? 医療従事者の悲鳴が聞こえないのか。いや、国民の声が聞こえないのか?」と、緊急事態宣言を出さないことに混乱。

そして、無症状感染者を検査していない日本の現状に触れ、「無症状感染者の数が不特定の中、国民全員の命を危険に冒し続ける一言。この怒りが的を射てないのであれば、誰か僕に教えてください」と訴えかけています。


■命より金かよ

投稿には「早く宣言してくれないとダラダラ悪くなってもっと生活が苦しくなるし、医療従事者の方々が心配です」「出した場合、国が補償しなくてはならないからそれが嫌なんですきっと。命よりお金かよって悲しくなります」と、絶望する声が相次いでいます。

1日の検査数が限られており、SNSでは怪しい症状があるにも関わらず、検査してもらえないと不安がる声が相次いでいます。そんな中で、感染者数などを総合的に判断できるものか、懐疑的です…。

・合わせて読みたい→エンタメ業界が声明 ジャニーズ事務所も賛同 「果たすべき役割を…」

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事