堀田茜・瀧本美織・筧美和子・Niki、ドラマ撮影で結婚観に変化

ドラマ『ピーナッツバターサンドウィッチ』の合同取材会が実施され、“29歳の婚活女子4人”を演じる4人の美女が出席しました。

筧美和子 堀田茜 瀧本美織 Niki
(左から:筧美和子、堀田茜、瀧本美織、Niki)

伊藤健太郎と矢作穂香が主演を務めるドラマ『ピーナッツバターサンドウィッチ』(MBSほか)の合同取材会が実施され、“29歳の婚活女子4人”を演じる堀田茜さん、瀧本美織さん、筧美和子さん、Nikiさんが出席しました。

過去の不倫経験から“普通”に執着するOL・片桐沙代(堀田)、長年付き合った恋人となかなか次の段階に進めない看護師・森本美晴(瀧本)。

そして、流されやすくいつもセフレ止まりな信用金庫勤務の山下美和(筧)、玉の輿しか狙っていない社長秘書・松岡茜(Niki)と、それぞれ異なる個性を持つ役柄を演じた上で感じたことや、彼女たち自身の結婚観について話を聞きました。


■一言一言が心に刺さる

――本作では、みなさんが演じる4人の女性が“結婚”に向かって奮闘するリアルな恋愛模様が描かれていますが、実際に撮影に入ってみていかがですか?

堀田:27歳になった自分がここまで共感できる作品に出会えたことが、すごく嬉しいです。一言一言が心に刺さるので、すごく大事に演じさせていただいています。多くの女性に共感してもらえて、同世代の女性に明日も頑張ろうと思ってもらえる作品だと感じています。

瀧本:29歳という年齢は、女性としての幸せと仕事との狭間ですごくいろんなことを考える年代だと思うんです。私も歳が近いので、すごく共感しました。

自分の思う幸せをたくさんの女性に見つけてもらいたいなと思う作品です。男性が観ても、「女性ってこういうこと考えてるんだ」と新たな発見があるかもしれません。


関連記事:今話題のハーフ美女モデル・Nikiから学ぶ「シンプルおしゃれ」5選

■未来に希望を感じられる作品

――筧さんとNikiさんは?

筧:20代って、将来のことを考えながら、目の前のことに精一杯。原作を読ませていただいて、「わかるわあ〜」って思いました。4人のキャラクターの個性は様々なのですが、それぞれの一面一面全てに共感してしまうくらい、女性のことがリアルに描かれていて、一つ一つの言葉に背中を押されます。

女性の未来に希望を感じられる作品だと思うので、悩みがある最中という方に観ていただきたいです。

Niki:私はまだあまり結婚を意識したことがなかったんですけど、29歳になったら、異性の見方に変化があったり、先を見据えて恋愛をしていくんだと勉強にもなりました。4人のタイプがバラバラなので、観てくださる方も誰かに共感できるんじゃないかなと思います。

私は演技をしたことがなかったので、不安があったのですが、女子会のシーンは「29歳の自分もこんな女子会をしてそうだな(笑)」と思ったり、楽しく撮影させてもらってます。

次ページ ■素敵な機会があったら結婚したい

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事