好かれる新人になるために… 会社で「かわいがられる人」の共通点とは?

社会人は、学生とは違います。良好な人間関係を築くために、「可愛がられる人」の共通点を聞きました。

職場
(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

社会に出ると、苦手な人とでも上手に付き合っていかなければなりません。かわいがってもらえた方が、困った時に助けてもらえたり昇進が早かったりするなど、何かと得することができるでしょう。

そこで、fumumu取材班が、かわいがられる人の共通点について、詳しい話を聞きました。


①発言や行動が前向き

「発言が前向きな人は、印象がいいと思います。仕事では失敗することもありますが、『もっと●●していたら』とか『もし■■だったら』などと後悔を引きずったところで、過去に戻れるわけではないので。


その分のエネルギーを未来へ向けて、改善策を一緒に考えられる人が同僚として理想的です」(20代・女性)


「仮に自分以外の人に非があったとしても、『今、自分にできることは何か』を前向きに考えられる人には好感が持てます」(20代・女性)


関連記事:「この人とは仲よくなれないな…」 印象が悪い人がやりがちな3つの行動

②しゃべり過ぎない

「しゃべり過ぎず無駄話をしない人は、一緒にいて安心感があります。雰囲気をよくするものならいいですが、誰かの陰口を言ったり噂話をダラダラ話している人は信用できません」(20代・女性)


「同僚は友達とは違うので、一線を引くのも大切。例え信頼関係を築くためだったとしても、業務に関係ないことをしゃべり過ぎるような人は信用に欠けます」(20代・女性)


③挨拶がしっかりできる

「挨拶がしっかりできる人は、好印象ですね。ちゃんと目を見て、元気に『おはようございます』と声を掛けられるだけで、『いい子だな』と思います。


ちなみに、通勤中は、どこで誰と出会っても瞬時に挨拶できるように準備しておくのがおすすめ。同僚や取引先などにバッタリ遭遇することもあるので、スマホに夢中になるのはご用心」(30代・女性)


「元気に挨拶されると気持ちがいいですね。敬語もきちんと使えると、更に印象がアップします。


先輩に対して必要以上にへりくだる必要はありませんが、敬語は必須。いくら仲良くして貰っているからと言っても、タメ口で話すのは御法度です」(30代・女性)


大切なのは、基本がきちんと出来ているかどうか。入社前に、身に付けておきたいですね。

・合わせて読みたい→男子が絶賛! オンライン婚活で好印象だった女性の特徴

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事