大人の世界での悪口・無視。嫌がらせに対処するための3つの方法 

アルバイト先で、会社で、習い事の場で。くだらない嫌がらせを受けたとき、どう対処すればいいのでしょうか?

ベッドで悩む女性
(bunditinay/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

大人になっても、くだらない嫌がらせをしてくる人たちは残念ながら存在します。

大人の世界での悪口、無視…。そんな嫌がらせに、どう対処すればいいのでしょうか? fumumu取材班が、上手な対処法を聞いてきました。


①じっと目を見る

「悪口や無視をしてくる人は、相手が自分より上か下か、いろいろな面で判断していると思います。理不尽な態度でもやり返してこない人を選んで、嫌がらせをしているんですよね。


いつも堂々とした態度をしておくのが一番効果的だとは思うけど、なかなかできない人もいるので…。なにか嫌がらせをされたときは、じっと相手の目を見るだけでも効果はありますよ。


嫌がらせを大人しく受けているわけではないですよと、無言でアピールできるんですよね。下に見ていた人にじっと見られるのは、相手にとっても怖いことだと思います。こいつには反抗されるかもしれないと思わせれば、こっちの勝ちですよ」(20代・女性)


関連記事:ヒーローショーのお姉さんがセクハラを告発 舞台裏で起きていた悲劇

②反応しない

「嫌がらせに対して、泣いたり怒ったりするのは、相手にとって思うツボです。自分の嫌がらせで相手が困っている姿を見るのが、一番楽しいんですから。


相手を喜ばせてあげる義務なんてないですから、反応せずにいつも通り過ごしていたらいいんです。自分の生活を楽しんでいたら、くだらない嫌がらせなんて小さなことだと思えるようになりますよ。


『自分の人生がつまらないから、ちょっかい出してくるんだな~』と見下して、自分らしくいればいいんじゃないでしょうか」(20代・女性)


③仲よくしたい人を選ぶ

「嫌がらせをされることは、もちろん傷つくんですけど…。そもそも、嫌がらせをしてくるような人と仲よくしたくないじゃないですか。


嫌がらせをやめてすり寄ってきたとしても、もう一生その人たちを信用できないですよね。それなら、仲よくしたい人たちとだけ話して、信用できない人とはこちらからは関わらなくていいと思います。


交流したくない人たちから嫌がらせを受けても、自分の人生にはなにも影響がないと思えたらいいですよね。どうせこの先の自分の人生では消えていく人たちですから、モブが騒いでいるなと思ってスルーするべきだと思います」(20代・女性)

度が過ぎる嫌がらせであれば、自分だけでは対処できないこともあります。嫌がらせの範疇を超えるものは、もはや犯罪として扱える場合も。

自分の余力が残っているうちに、第三者に相談する、その人たちがいるコミュニティから抜けるなど、選べる選択肢を探してみてくださいね。

・合わせて読みたい→男子が引いてしまう…未練がましい女子の発言

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事