社会復帰は難しい? ブラック企業を辞めた人たちの「その後」

「辞めることさえ出来れば人生を取り戻せる」と、期待してブラック企業を辞めても…

悩む女性
(tampatra/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ブラック企業を辞めたはいいけれど、社会復帰が思うように出来ない…と悩んでいる人たちは少なくありません。

fumumu取材班が、経験者たちに詳しい話を聞きました。


①精神疾患がなかなか治らない

「前の職場で鬱を発症し、休職から復帰出来ずに退職しました。しかし、仕事を辞めた今も鬱が治らず、再就職しようという意欲すら湧きません」(20代・女性)


「以前の職場で、パニック障害を発症しました。薬を飲み続けても症状が改善せず、結局退職したのですが…再就職活動をしようにも仕事のことを考えるだけで目眩がして、気分が悪くなってしまいます。


今も通院を続けてはいますが、思うように治らないことが新たなストレスになっています」(20代・女性)


関連記事:今すぐ辞めるべき! ヤバすぎる「ブラック企業」3パターン

②トラウマから再就職が怖い

「以前働いていた職場で、上司に人間性まで否定され、すっかり自分に自信が持てなくなってしまいました。『私はダメ人間』『生まれてきた価値もない』と。


それ以来、人と接することが怖くて…。仕事は愚か、家から出ることも出来なくなってしまいました」(20代・女性)


「『あなたの顔を見るだけで気分が悪くなる』とか『給料泥棒』などと罵られ続けたブラック企業を辞めました。


でも、この経験がトラウマとなり、再就職しようにも『またパワハラを受けたらどうしよう…』と怖くなってしまい、社会復帰することが出来ずにいます」(20代・女性)


③辞め癖が付き仕事が続かない

「ブラック企業を退職したのをきっかけに、良くも悪くも、仕事を辞めることに迷いがなくなりました。もはやストレスを抱えてまで働こうとは思わないし、少しでも嫌だと思った仕事は、辞めにくくなる前に辞めてしまおうと。


でも、逆に、就職してもなかなか仕事を続けられないのが、今の悩みでもあります。退職を繰り返せば再就職で不利になるのは一目瞭然なので。


いつになったら自分に合った職場と巡り会えるのか…漠然とした悩みと不安を抱えています」(20代・女性)



ブラック企業で働くことは、辞めた後の人生にまで悪影響を及ぼすことも。

困った時には、手遅れになる前に、頼れる人に早めに相談した方がいいかもしれません。

・合わせて読みたい→本当に苦しかったときに救われた、身近な人の一言3選

(文/fumumu編集部・志都

おすすめ記事