狩野英孝、YouTubeを開設 「ガチ神主」として正しい参拝の仕方を伝授

狩野英孝さんが参拝のやり方を説明しました。

(画像は狩野英孝YouTubeのスクリーンショット)

狩野英孝さんが、「エイコー!GO!!」というチャンネル名でYouTubeを開設。元旦に初動画をアップしました。


■5日間連続公開

30日、狩野英孝さんは元旦から5日間連続でYouTubeを配信することを告知していました。「撮影は楽しく盛り上がりましたww」と、配信者本人もとても楽しんだ様子。

動画には、コーラにメントスを入れることで爆発することで知られる、“メントスコーラ”に挑戦する姿が…。


関連記事:元旦に芸能人がYouTubeを続々開設 GACKTは「YouTube荒らします」宣言

■「普段できないことを…」

告知通り、1日に「初詣に行く方々参考にして下さい」という文言で、動画のアップをツイッターで報告。

「エイコー!GO!!」というチャンネル名をノリノリで話す狩野さんはちょっと恥ずかしそう…。緊張しているのかカミカミです。

YouTubeは、元旦からの5日連続配信を経たのち週2配信で、「栄光を目指してやっていこうぜ」というテーマで「好きなことを熱く語ったり、普段できないことをYouTubeで見ていただこう」という目的の番組になると説明しました。


■服装や神社に入るまでのマナー

元旦ということで、正しい参拝のやり方を説明するという狩野さん。2014年の夏に神主の資格を取得し、現在は実家を継いで宮城県の櫻田山神社で“ガチ神主”をしているそう。

参拝に対して「今まで通りで良いのではないか?」という疑問に対しては、「家に挨拶もなく不躾に上がってきて、急にお願い事をされる」と“失礼”であることを説明。「マナーを守らない人のお願いを叶えたいか?」と呼びかけました。

服装は、スケスケ・アミアミはタブー。失礼のないファッションを心がけ、鳥居は玄関であるため、くぐる前に一礼。くぐって参道を歩く際にも、真ん中は正中と呼ばれ神様が通るため避けるようにし、(神社によってルールはあるものの)基本は左側通行を努めるように…と説明しました。


■手水・参拝のルール

その後、手水がありますが、柄杓ですくったいっぱいの水で、下記の手順で穢れを落とします。なお、手水を(人が持っているとされる)穢れだらけにはしてはいけないため、これらの行為は、手水から少し離れて行うのがマナーとなります。

1.右で柄杓の水をすくう


2.左手を洗う


3.柄杓を持ち替えて右手を洗う


4.左手にためた水で口をすすぐ


5.残った水で柄杓の柄を洗う


そして、参拝は三味様の正面に立ち(神社でルールが異なる場合がありますが)二礼・二拍手・一礼。拍手の際には、右手を第一関節くらいまで下げて手を合わせる、と力説。


■おみくじの余談

ちなみに、神社のおみくじについては、神社側は「持ち帰ったほうがいい」と言ったことはないそう。

ある時、“凶”を持ち歩きたくない人がご神木にくくりつけたものの、木が傷ついてしまうため、神社側が「くくりつけるなら」とおみくじをくくる場所を用意したのが始まりなのだと説明しました。

狩野さんも資格を取るまで知らなかったほうが多かったそうですが、この配信には「意外と勉強になった」「なにげに教育系」と、学びになった人も多そう…!

今月は特に参拝者も多いハズ。“正しい参拝”で神様に失礼のないよう気をつけたいですね。

・合わせて読みたい→美脚や潤い? お守りが日本一多い神社は女子力を気にしてくれていた

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!