どれくらい知ってる? 2019ヘアトレンドキーワードを振り返る

どれくらい知っていますか?2019年トレンドヘアキーワード。全部わかったあなたはマスターです!

ヘア

2019年も残りわずか。今年もたくさんのお客様に恵まれ感謝でございます。そんな年の瀬だからこそやるべき事の「おさらい」!

今年流行ったヘアワードをジャンル別にまとめてみようと思います。全部わかるあなたは流行にとても敏感!


画像をもっと見る

■ヘアスタイル部門


・ジェンダーレスショート

この名前は本当に多く耳にしましたし、実際に見ることも多かったです。ジェンダーレスショートとはアンニュイな感じのショートで女性にも男性にも適応するショートヘア。

中性的な柔らかい雰囲気が人気の秘訣でしたね。


・ハンサムショート

こちらも大人気のスタイルでした。すっきりと見せる大人のショートの印象でしょうか。爽やか、クール、かっこいいとハンサムな要素をふんだんに入れ込んだショートヘア。

特に30~40代のママさんからはかなりの人気でした。


関連記事:これならやってもいいかも! 巷で話題の髪質改善3つ

■ヘアカラー部門


・ベージュカラー

今年は「○○―ジュ」といったカラーがとても人気でした。「―ジュ」はベージュからとった言葉です。グレージュに加えブルージュ、ベアージュ、アッシュベージュ、バイオレットベージュなどアッシュよりもベージュが人気になりましたね。

ブラウンをベースに作っているのでかなり挑戦しやすく、ハイトーンでもロートーンでも出来るというところが人気の秘密でしょう。


・グレイヘア

この言葉もかなり耳にしましたし、某アナウンサーが震災をきっかけに染めるのを辞める。と言ったことが知るきっかけになった方もい多いのではないでしょうか?

白髪染めをせずに白髪のままで楽しむという発想です。白髪は染めなくても良いものという認識が少しは定着しましたね。

「老けて見えてしまう」などまだまだ抵抗がある方も多いと思うので、浸透するのには時間がかかるとは思いますが、いずれそうなる時代もくるかもしれません。


■色々な種類の「髪質改善」が話題に!

従来、髪質改善といえば「トリートメント」の1択でしたがトリートメントにも豊富な種類が増え、縮毛矯正や別のメニューでの髪質改善がとても増えました。

お客様の望む質感に合わせて選べるのも魅力の1つです。綺麗な髪の毛の方が増えるのは、美容師としても嬉しいですね。

振り返ってみればたくさんのトレンドワードがありましたがこれでもほんの一部。これ以外のワードで盛り上がるのも良いかもしれません。

2020年はどのようなトレンドワードで賑わうのか注目です。

・合わせて読みたい→この春最強のトレンドヘアカラーリング「ベアージュ」をチェック

(文/fumumu編集部・横瀬 卓

この記事の画像(4枚)

おすすめ記事