飲食店激戦区・新橋! 「鶏繁」の焼き鳥がジューシーでおいしい

新年会にも! 美味しい焼き鳥屋さんを発見しました

東京・新橋。「サラリーマンの街」と言われていますが、多くの名店や安くて美味しいお店も多いため、最近では若い世代にも親しまれている街でもあります。

焼き鳥屋さんも数多く並んでいますが、いつもひときわ賑わっているのが「鶏繁」。


■こだわりの鶏と鴨!

鶏繁

「鶏繁」は、新橋駅・日比谷口から歩いて5分。岩手県の大自然の中で無農薬飼料とアルカリ水によって育てられた「南部赤鶏」と「岩手鴨」の焼き鳥屋さんです。素材をいかす独自のタレ、塩は下関の天然塩、炭は紀州の備長炭とこだわり抜かれた素材を使用しています。

店内はサラリーマンを中心に、満席! 注文に悩んでしまったので、店員さんにオススメメニューを伺ってみました。

「この店に来て、この2つは食べずに帰って欲しくない! 食べなかったら来たって言っちゃダメだよ!」とまでオススメされた2品はこちら!


関連記事:合コン成功の秘訣は料理のオーダー! モテる男ウケメニュー3選

■だんご

鶏繁他の焼き鳥屋さんでいう「つくね」(250円・税込)。一見どこにでもありそうなつくねですが、食べてみたら…肉汁溢れて、とってもジューシー!

その秘訣は…通常はつくねを作るとき、つなぎを使うのですが、ここのつくねはそれを一切使っていないとのこと。コリっと軟骨のような歯ごたえもあって最高です。


■レバー

鶏繁

続いては「レバー」(250円・税込)。好き嫌いが分かれますよね…。じつは筆者も、レバーがちょっぴり苦手。鉄分豊富で女性は特に食べたほうがいいよなぁ〜と思いつつも、どうしても避けてしまいます。

その旨を店員さんに伝えると、「大丈夫だと思う! 美味しいよ! 食べてみて! 」とのことだったので、店員さんを信じてみることに…。

表面だけを焼いたかのような、半ナマのレバーが出てきました! あの独特の口が渇くようなポソポソ感は皆無! 臭みもなくこれは美味しい! レバー嫌いを唸らせるとは…。おかげさまで、克服できそうです。鳥が半生で提供できるということは、鮮度が良い証でもあります!

ちなみに、メニューにお値段は書かれておらず、お会計の時に初めてお値段が分かるようになっていました。ネットを見てみても、提示されていない…。

参考までに…今回は3人で行き、お酒を2杯ずつ(6杯)、焼き鳥2本ずつ(6本)、一品もの1つでお値段8,820円でした。

気軽にバンバン注文するのは怖いかもしれませんが、とっても話やすい店員さんなので、最初に予算を提示してしまうのもアリかも。

・合わせて読みたい→優しい味と品数に大満足! 心斎橋「弁慶」でのんびり和食ランチ

(文/fumumu編集部・kiki

この記事の画像(4枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!