うさたにパイセン「もう色々疲れました」 2年以上の苦悩に号泣

うさたにパイセンが切実な悩みを泣きながら吐露しました。

(画像はうさたにパイセンYouTubeのスクリーンショット)

うさたにパイセンという愛称で知られる、ユーチューバーとしても人気のファッションモデルで・岩本紗也加さんが、自身の肌トラブルについて悩みを吐露しました。


■海外は現実逃避できる

これまでYouTubeで「ボッチ女〜海外プールへ行くの巻〜」「激安の国で『1万円企画!』マジスカ??」「【前日夜中パッキング】ぼっち女子海外旅行〜ベトナム〜」など、数々の海外一人旅ネタを披露してきたうさたにパイセン。

27日、「実は海外に飛ぶと誰の視線も気にならなくなるしつかの間だけど自分の肌から現実逃避できるからって理由で頻繁にいってた」と海外旅行へ行く理由を明かしました。

「日本だったら少しでも顔隠れるようにカモフラしてしまうからね。 人目気にする人間だし肌加工なきゃ無理」と肌の悩みゆえの苦労と、「おでことかサイドの毛出したりいつも勇気なくてできないことしてる!」と海外での暮らしを告白しています。

写真も、日本仕様と思われるがっつり加工したギャル写真と、マスクにメガネに帽子という、肌を極力隠す姿でひどく肌荒れした写真をアップしました。


関連記事:うさたにパイセン、動画で報告 「モデルやめます」「行ってきます!」

■もう色々と疲れました

前日の26日には、「もう色々疲れました」と深刻な様子で、肌にまつわる動画をアップ。「なんかもうごめんなさい。 いっぱいいっぱいでした。 今夜は明るく過ごしたいと思います」とかなり参っている様子がありました。

動画内では、泣きながら「本当にどうすればいいかわからない」と混乱したうさたにパイセンが…。「なんでこんなに肌荒れ治らないの」「もう無理なんだけど」「もう我慢できなくて…」と2年以上治らない肌トラブルに関して心の内を吐き出します。

毎日スキンケアを頑張るものの肌が改善せず、撮影でもニキビだらけで化粧でカバーできず、申し訳ない気持ちでいっぱいだそう。芸能界を続けるかどうかで悩んだこともよくあったそう。

本人もかなり努力をし、食生活を気をつけると太ってしまい、治ったと思ったらまた出てきてしまう…と、上手くいかない様子を涙ながらに語りました。

また、知らない人含め、会う人会う人に「また肌荒れてきたんじゃないか」「風邪じゃなくて皮膚科行ったほうがいいんじゃないですか」と心ないことを言われたり、医者にも「治らないね」と言われたりして「昔の自分に戻れないんだ…」と限界に達してしまっていました。

小麦アレルギー以外にも要因があるかもしれないと思い、遺伝子検査をするとのことです。うさたにパイセンは、「誕生会までに少しでもよくなっていたら、褒めてください」と締めくくりました。


■「動画出してよかった」

この動画には、1万件以上のコメントが殺到しました。

「言葉にならないなぁ、、 辛いよねぇ」


「美容師です! これから、色々な方法でケアをしていくんだと思うんですが、 1回ヘアカラーを休憩してみてほしいです! 今染まってる髪はそのままでいいんですが、今後染めるのをしばらくの期間おやすみしてみてください」


「友達でもっと酷く肌荒れてる時あったけど、精神的に病んでる時が酷かったから、1度ゆっくり休んでみたら? 小麦だけが原因じゃないと思うよ。無理して笑うのはしんどいよね。パイセンの事大好きだよ!」


これを受けて、うさたにパイセンも「昨日の動画、出してよかったなって思う」と反応。「みんなのアドバイスも応援も全てが励みになる 全部とっても嬉しくて、救われました。私にとってYouTubeは 『一人じゃないんだ』と思わせてくれる場所です」と綴っています。


少しでも肌が改善することを心から願っています…。

・合わせて読みたい→こんなはずじゃ…UVケアを怠った女子3人の痛すぎる日焼け経験

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事