結果にコミット! 「無理しない節約術」聞いてみた

我慢する節約はもう古い!? 誰でも簡単に真似できる節約術を、経験者たちに聞きました。

貯金する女性
(Nattakorn Maneerat/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

増税開始後、早一ヶ月。増税前に比べると税率は2%しか上がっていませんが、お給料も2%増えているわけではないので、将来の貯蓄に不安を感じている人は少なくない様子。

そこで、fumumu取材班が、無理しない節約術について、経験者たちに詳しい話を聞きました。


①水筒&弁当持参で飲食費を節約

「店内飲食が増税対象になったのをキッカケに、職場には水筒&弁当を持参するようになりました。


今までは、毎食約1,000円は使っていたので…劇的な節約になっています」(20代・女性)


関連記事:10月から消費税アップ… 今、押さえるポイントとは?

②ふるさと納税で食材をゲット

「私は、ふるさと納税を使って肉やお米などの食料品を購入しています。各自治体が力を入れている返礼品なので、どれも美味しく、個人的にハズレを引いたことはありません。


納税先を変えるだけで、色々な返礼品を実質負担額2,000円のみでゲットできるのはお得すぎます!」(20代・女性)


③美容系は練習モデルで節約

「ヘアカラー、ジェルネイル、マツエクなどは、専用のアプリを使って練習モデルをしています。サロンほどのクオリティは求められませんが、材料費のみの格安で施術してもらえるところがほとんどなので、かなりの節約になります。


タイミングが良ければ無料で施術を受けられる時もあり、超お得です!」(20代・女性)


④ポイント還元を活用

「買い物をするのは、キャッシュレスのポイント還元対象店舗のみと決めています。


2020年6月までの間ですが、上手く使えばキャッシュレスのポイント還元とは別に、カードやアプリの還元もダブルで受けられるので、増税前よりも格安で商品が購入できますよ」(20代・女性)


⑤通信会社をまとめてお得に

「自宅にwi-fiを設置した時、スマホと通信会社を同じにするだけで、毎月のインターネット使用料が1,000円以上も安くなりました。しかも、私の場合はスマホの乗り換えもしたので、得点も色々とあり、一石二鳥以上! 


電気会社までまとめると更に安くなるそうなので、今後、もっと節約ができそうです」(20代・女性)


「ケチケチ生活をしなくても、無駄な出費を減らすだけで大きな節約に繋がる」と、経験者たちは言います。

早速、できそうなことから真似してみたいですね。

・合わせて読みたい→意外と貯まる! 「一人暮らしの節約術」聞いてみた

(文/fumumu編集部・志都

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!