まだ20代なのに…自分が年を取ったと感じた3つの瞬間とは

20代は、まだまだ若い世代といえます。しかしさらに若い人と比べて、年を取ったと思うときもあるでしょう。

疲れる女性
(ULTRA F/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

年を取るほどに、月日が経つのを早く感じます。気がつくと1年が経ち、また一つ年を取ったことに驚くのでしょう。


■7割があっという間に年を取ったと感じている

fumumu編集部では全国10〜60代の男女1,653名を対象に、あっという間に年を取ったと感じているか、調査を実施しました。

あっという間に年を取ったと感じているグラフ

「年を取ったと感じている」と答えた人は、全体で69.8%と高い割合になっています。

性別・年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっているのが印象的です。

あっという間に年を取ったと感じている性年代別グラフ

fumumu取材班は女性達に、自分が年を取ったと感じた瞬間について話を聞きました。


関連記事:何様のつもり!? 「職場で新入社員にイラっとした瞬間」聞いてみた

①元号が令和になって

「会社にいる昭和生まれの先輩たちにはずっと、『平成生まれって若いね』って言われてきたんです。私もそれを素直に受け止めてきたのですが、元号が令和になってその気持ちはなくなりました。


ひとつ前の元号ってところが、やはり年を感じてしまいます。そのうち令和生まれの後輩ができて、私も『この子達は若いな』と思うようになるのかもしれませんね」(20代・女性)

次ページ ②新入社員が入社するたびに

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!