不動産屋×キャバ嬢 「水商売の偏見をなくしたい」二足のわらじを履く女性に密着

9日に放送された『セブンルール』でキャバ嬢をしながら不動産アドバイザーをしている青木人生さんが特集され、その人生観が話題になっています。

青木人生
(画像は7RULES (セブンルール)Twitterのスクリーンショット)

8日に放送された『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系)で密着された青木人生さんの生き方に様々な反響が寄せられています。


■偏見をなくしたい

『セブンルール』は、様々な分野で活躍している女性に密着し、その女性が自分に課しているルールを手掛かりに人生観を映し出すドキュメンタリー番組。

今回の主人公は、新宿・歌舞伎町で水商売専門の不動産アドバイザーを務める青木人生さん。

昼は不動産や、夜はキャバクラ嬢と二足のわらじを履き、動き回っています。なぜキャバ嬢が不動産を? それは、青木さんの大学時代の経験から。家を借りるとき、どうしても母親名義になってしまう。その際に母親が水商売をしているという理由で断られた物件が何件かあったとのこと。

「水商売の偏見の目をなくしたい!」と5年前から不動産を始めたこと。「現役キャバ嬢だからこそ伝えられることがある」。お客さんとしてやってくるキャバ嬢の女の子たちに寄り添いながら、日々奮闘する青木さんの姿が紹介されました。


関連記事:都会から田舎暮らしへ…豆腐店を営む姿に「真似したくてもできない」との声

■二足のわらじを履きながら

そんな青木さんのセブンルールはこちら。

昼と夜と1日中働き続ける青木さん。食事は移動中のタピオカドリンクだというほど忙しい日々を送っています。

キャバ嬢としての経験を活かしながら、何かあったときのために希望家賃より低い物件から勧めたり、夜が遅いキャバ嬢たちのことを気遣い起床確認を行ったり。普通の不動産屋では気がつかない、絶対にやらない手厚い対処を行っています。

この視点は現役キャバ嬢として様々な人々を見てきているからこそ。

そんな慌ただしい日々を送っている青木さんですが、ホテルに泊まって1人の時間を楽しんだり、実家に帰ってお母さんの手料理を食べるなど、オフの時間を定期的にとり、リフレッシュしている様子でした。


■女の子の見方!

そんな夜の世界で働く女性たちのために奮闘する青木さんの姿に視聴者は心を打たれたようです。

青木さんから溢れ出る「私に任せて!」という姐御感。確かに「姐さん!」と呼びたくなってしまいますね。女性のために働く女性はとてもかっこいい!

なかなか良いイメージがない夜のお仕事。そんな彼女たちも一生懸命、日々働いている。青木さんの仕事はこれからも多くの女性の心の支えになっていくはず。少しでも水商売の偏見がなくなる世の中がくることを祈るばかりです。

・合わせて読みたい→4年連続ミシュランを獲得したラーメンに視聴者ヨダレ 「いや、もう…」

(文/fumumu編集部・吉田あやの

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!