ガリガリ君から「たまご焼き味」登場! 朝食を作ってみました

チェレンジ精神旺盛なガリガリ君からたまご焼き味が新発売。fumumu編集部で、朝食メニューを作ってみました!

ガリガリ君たまご焼き

ガリガリ君のチャレンジ精神が炸裂する季節がやってきました! コンポタージュ味やナポリタン味を彷彿とさせる新商品。

その名も『ガリガリ君リッチ たまご焼き味』(140 円・税別)。fumumu編集部で、さっそく試食をしてみました。


■まずは素の味

今回は、ナポリタン味の反省を踏まえたとのことですが…。反省をふまえたのに、たまご焼き味というところに、赤城乳業の攻めの姿勢を感じますね。

ガリガリ君たまご焼き

開封すると、ほのかにたまご焼きの香りがただよいます。色は間違いなくたまご焼き…。清々しいまでに黄色い! 中は「味つきたまご入りかき氷」と「たまご焼き味アイス」の二段構え。え、ほんとに味つきたまごが入ってるんですか?

ガリガリ君たまご焼き

一口食べると、本当にたまご焼き〜! しかも甘めバージョンです。しょうゆ粉末も使われているため、微妙に甘みに深みがあります。

そして、味つきたまごがさらなる卵感を出してきます。味だけではなく、まさかの食感もたまご焼きとは。

というわけで、想像以上のたまご焼き感に触発されて、fumumu編集部では朝食を作ることにしました!


関連記事:ハーゲンダッツ新作クリスピーサンド レモンに焦がしバターの香りが合う

■和風の朝食で

たまご焼きというと、やはり和風朝食の代表格。大根おろしと醤油をそえるのが王道ですよね。

ガリガリ君たまご焼き

まるで朝食の一品のようにお皿に盛り、一口…。

ガリガリ君たまご焼き

「うん、ナシですね…」。水分(アイス)と水分(大根おろし)のぶつかり合いが激しい…。盛り付け中、もはや焼きたてのたまご焼きに見えていたので、これはアイスなのだと目がさめる。ちなみに、編集部の感想は…。

「うわ…醤油のしょっぱさと甘みが合わない」


「大根おろしと、ガリガリ君のガリガリな食感が合うかも」


醤油はダイレクトにつけると合わないようです。粉末で十分なのでしょうか。でも食感だけは肯定的な意見が! 水分のぶつかり合いを確かめたい人は是非挑戦してみてください。


■洋風の朝食で

お次は、カフェなどで見るたまご焼きサンドに習って、パンとケチャップとベーコンで、サンドイッチを作ってみました!

ガリガリ君たまご焼き

なんなら、ちょっとコーヒーがほしくなっちゃいそうな見た目…。食欲をそそります。

ガリガリ君たまご焼き

ケチャップもたっぷり塗って、一口。「あれ…アリかも」

ガリガリ君たまご焼き

先ほどとはうって変わって、バランスのいい組み合わせ。なんと、ガリガリ君がパンの引き立て役になっているようです。

ガリガリ君の甘みと、ベーコンのしょっぱさと、ケチャップの濃厚さが交錯するなか、パンがふんわり包み込む。これは、なかなかイイのでは?

編集部の感想は…

「ガリガリ君をバターみたいに塗って食パンにするほうが合うかも」


「様々な味があるから、口のなかで変わっていくのが面白い」


「ガリガリ君とケチャップって合うんだなぁ」


別の提案も出るくらい、サンドはアリな模様。こちらも興味のある人は、いろんなサンドで試してみるのもいいかも。もちろん、その味の結果は自己責任でお願いいたします!

・合わせて読みたい→スタバ新作『プリン アラモード フラペチーノ』懐かしいのに新しい味

(文/fumumu編集部・ヨザワ マイ

この記事の画像(8枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!