炎に包まれたかき氷!? インスタ映え間違いなしの「焼き氷」

炎×氷のコンビネーションは抜群! 話題の焼き氷を食べてきました!

フランベ

全国猛暑が続く中、冷たいかき氷を求める人は多いはず。なのに、炎に包まれたかき氷を提供していることで人気のお店が東京・吉祥寺にあるのだそうです。

fumumu編集部は、吉祥寺の「カフェ ルミエール」に行ってきました。

 

■炎に包まれる焼き氷

炎に包まれたかき氷こと、お店の看板メニュー「焼き氷」の種類は4種類あり、選ぶのも迷ってしまいます。

編集部は『赤いベリーとキャラメルの焼き氷』(1,480円)を頼みました。見た目も華やかでインスタ映え向きですね。

冷たいかき氷を包んでいる白いクリームのようなものはメレンゲで、すでにバーナーで焼かれた焦げ目がついています。

焼き氷

さらに目の前でフランベしてくれるため、写真はインスタ映え間違いなしです! 動画に撮って、インスタのストーリーにあげるのもいいですね。

一瞬燃え上がる青白い炎に驚き、溶けてしまわないか不安になるのですが、外側がさらに焦げてクリームブリュレのような、とても香ばしい匂いがします。

 

■気になる味は!?

焼き氷

中は、氷だけではなく、果実やシロップ、ザクザククッキーなどが入っていて、いろんな食感を楽しむことができます。

さらに、チョコ、練乳、ベリー系の3種類のシロップがついており、自分の好みで味の変化を付けられます。

シロップ

もともとの味に加えて自分の好きなようにカスタマイズできるのは、このお店ならではですね。

ザクザククッキーにチョコレートシロップをかけるなど、いろいろな味を楽しめました。食感は外がフワフワで中がシャリシャリ。

先ほど焦がした周りを包んでいるメレンゲクリームも甘くて、まるでパフェみたいです。

 

お店は、名簿に時間を書いていくスタイル。書いた時間に来ればいいので並ぶ必要はありませんでした。

熱い炎×冷たい氷のミスマッチな組み合わせを楽しみに、他の種類も食べにまた来たくなりました。

cafe Lumiere
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-2-2 東山ビル 4F
営業時間:12:00~20:00(L.O.19:30)※最新の営業時間はツイッター

・合わせて読みたい→『トルコ風アイス』&『練乳入り氷』チョコミントフレーバー食べ比べ

(文/fumumu編集部・

この記事の画像(4枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!