髪パサ野郎が髪ツヤ素敵女子に!? 「髪リペ」で記者が幸せになった経緯

弟に髪パサ野郎と信じられない暴言をはかれたY記者。そんな記者の髪の毛がサラツヤに?

髪リペ

「髪パサ野郎」と異名をとるfumumu編集部の記者Y。長年髪の毛のダメージに悩んでいたが、このたび「#髪リペ」に出会い自ら体験。どんな風に髪の毛が変わったのか、どんな風に調子に乗ったのか、その一部始終を皆さんにお伝えしたいと思う。


■髪パサ野郎、爆誕

コトのはじまりは、記者Yの弟から発せられた信じられない一言。サラツヤヘアーに憧れる姉に、弟は言った。「髪パサ野郎!」…と。
髪リペ

確かに記者の髪の毛は長年に亘るカラーリングやパーマなどで、パッサパサだったのだ。キューティクルも心も傷ついた記者…。しかし、捨てる髪あれば拾う髪あり。「#髪リペ」という修復方法があると情報を入手。ワラにもすがる思いで、体験レポに向かうのであった!


関連記事:意外と間違ってた!? 自宅でできる簡単ヘアケア3つのポイント

■髪パサ野郎、美容室へ

訪れたのは原宿にある美容室「Digz hair(ディグズ ヘアー)」。そう、今回髪を助けてくれるのはfumumuでもお馴染みの 横瀬卓さん。

髪リペ

「#髪リペ」とは、横瀬さんが3 年前に立ち上げた、髪の毛を綺麗にするプロジェクト。縮毛矯正とトリートメントによって、髪の毛のダメージを修復するのだそう。こんな、キューティクルが滅亡した世界のような髪の毛でもサラツヤになるのだろうか…。

髪リペ

カウンセリングでは、髪の毛を触って、実際にどんな薬の配合や種類にするか決めるのだとか。状態は個々で違うため、横瀬さんの経験とセンスがモノを言うそうだ。

「毛先が結構傷んで…あ、根本も…」「おぅ、結構全体的に…」と重症ぶりを、爽やかな笑顔で正直に伝えてくれる横瀬さん。そう、こんなときに嘘は要らない。


■髪パサ野郎、髪リペを受ける<前半戦>

というわけで、いよいよ素敵女子への第一歩を踏み出すことに。

まずはシャンプーとトリートメント。この時点でトリートメントをするのは珍しいが、髪の毛を最善の状況にして効果を高めるのに必要とのこと。う〜ん、贅沢!

髪リペ

その後、1液で髪の毛の内部の結合を切るそうだ。いったん全部壊してリセットするイメージだろうか。髪の毛内部ではさぞパニックだろう。

そうして状態を見つつ15分ほど。ふたたびシャンプーをして後半戦へ突入だ!

次ページ ■髪パサ野郎、髪リペを受ける<後半戦>

この記事の画像(19枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!