はあちゅう氏、“初日の夜”を報告 「必殺全脱ぎの術」「戦場すぎて…」 

ブロガーのはあちゅうさんが、妊娠発表した際に出された記事やメッセージについて、心情を綴っています。

ブロガーのはあちゅうさんが、子供と自宅で過ごすはじめての夜での出来事を報告。また、妊娠発表した際に出された記事やメッセージについて、心情を綴っています。


■「戦場すぎて笑った…」

fumumuでもお伝えしたように、19日に午後に第一子の出産を報告しました。

27日、自身のブログを更新。「息子が家に来て、初日の夜」とのタイトルの通り、自宅へ戻り、はじめての夜を過ごしたことを明かしました。

「授乳服と授乳キャミの間から、うまく母乳を飲んでくれなくて必殺全脱ぎの術で上半身キャミソールだけで授乳中なんですが…」と、授乳の時間には、半裸で着圧タイツ&骨盤ベルトとい姿で格闘していたそうで「戦場すぎて笑った」と綴ります。

きっと慣れてくるはずですが、「外出時は粉ミルクが無難かもしれません」と、少し不安を覚えている様子も見受けられます。


関連記事:高橋ユウ「母乳をあげられない悔しさ」で号泣 強いこだわりを手放す

■「燃え尽きた明日のジョーみたい…」

夜中の0時3時まで、夫のしみけんさんと試行錯誤していたようですが、その後3時から朝の6時まで担当していたというはあちゅうさん。

“エンドレスおむつ交換”をしながら、「燃え尽きた明日のジョーみたいな格好で授乳し続けてた」とか。

また、母乳あげたまま一瞬寝落ちして目覚めた際、床にはキャミソール付属の胸パッドが片方落ち、そのため片方の胸は丸出し状態。さらにソファのクッションが散乱…と「戦場すぎる!」と思わず笑ってしまったそう。

次ページ ■「子供が産まれるのはうれしいけど…」

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事