はっきりマイノリティを自認できない…どこか違うと思っている人たち

セクシャルマイノリティは、はっきり自認する人ばかりではなく、クエッションの人もいます。話を伺いました。

悩む女性
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

LGBTが言われるようになり、最近ではそれ以外のアセクシャルやノンセクシャルといった多様なマイノリティが知られるようになってきています。

しかし、それでも自分はマジョリティとどこか違うと思いながら、「自分は何者か」わからずにいる人たちがいます。

fumumu取材班は、彼らに、恋愛指向と性的指向を聞いてみました。


①いっとき恋愛感情を抱くこともある

「アセクシャルは恒常的に他者に恋愛感情を抱かないと言われていますが、私はごく限られたときに恋愛感情を抱くことがあります。そのきっかけが何なのか、明確なものはありません。


しかし、そのときの感情の流れに乗って恋愛をしないと、ふと恋愛感情が消えてしまいます。


だから私はいつも、人を好きになれたときに人と恋愛を始め、自分の恋愛感情が消える前に相手と愛情を育んでおくようにしています。性衝動がないのは一貫しているので、アセクシャルとノンセクシャルの間で揺れ動いているのかな〜と思っています」(20代・女性)


関連記事:恋愛感情も性欲もないアセクシャル……言われて辛い3つの言葉

②男性が好きなのに性欲を抱く対象は女性

「僕は、いいな〜と恋愛感情を持つのが男性で、初めはゲイセクシャルなのではないかと思いました。しかし、男性とベッドインしているイメージは持てず、ムラムラと…いわゆる性欲が湧くのは女性の体を見たときです。


その食い違いにかなり悩みましたが、最近は、そんな中でトランスジェンダーやXジェンダーなど、女性としての性自認を明確に持っていない人とは、うまく交際に発展することがあったな…と気がついたんです。


また、もともと親しい関係だった相手とでないと恋愛が続かないので、デミセクシャル的な要素も持っているのかもしれません」(20代・男性)


③2次元に対してだけ性的興奮を覚える

「2次元にだけ性的興奮を覚える特殊性癖があるのは知っていますが、私はまさしくそれです。


ただ、最近セクシャルマイノリティの話を聞いていると、これが特殊性癖由来なのか、単に他人に対して性的欲求を抱かないノンセクシャルなのかな…と悩んでしまい、よくわからずにいます」(20代・女性)


セクシャリティに揺れ動きがある場合には、セクシャルフルイディティが言われます。しかし、中にはうまく各マイノリティのカテゴリーに収まらず、自分がなにものか分からずに悩んでいる人もいるようです。

・合わせて読みたい→アセクシャルだから恋愛やエッチができないは大誤解! その理由を解説

(文/fumumu編集部・Amy

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!