飲みに誘われて…片思いをしている相手からされた思わぬアクション

片思いの相手に気持ちを伝えるのは、勇気がいるものです。相手も同じように、好きでいてくれるといいのですが…

喜ぶ女性
(Viktor_Gladkov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

片思いしている相手には、自分からアプローチしないとなかなか気持ちは届きません。しかしまれに、相手も好きだったという奇跡的なことはあります。


■なにもせずに片思いが実った経験2割程度

fumumu編集部では全国10〜60代の交際経験のある男女1,277名を対象に、なにもしないのに片思いが実ったことがあるか、調査を実施しました。

なにもしないのに片思いが実ったことがあるグラフ

「実ったことがある」と答えた人は、全体で20.4%でした。

fumumu取材班は女性達に、片思いをしている相手からされた思わぬアクションについて話を聞きました。


関連記事:遠くから見ているだけで精一杯…片思いのまま終わった3つの恋

①食事に誘おうと悩んでいたら

「バイト先にずっと片思いしている人がいたのですが、仕事中に話すくらいしか接点がありませんでした。せめて一緒に飲みに行くとかできたらいいなと思い、自分から誘おうかと悩んでいると…。


なんと彼のほうから仕事終わりに、『この後、ごはんに行かない?』と誘ってくれたんです。そこから何度かデートを重ねるようになり、付き合うことになりました」(20代・女性)

次ページ ②残業のときにジュースを買ってもらった

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!