新幹線で買える「硬すぎるアイス」にマンゴー味が新登場!

あの硬すぎるアイスに新フレーバーが登場しました。新幹線パーサーによる商品開発が行われたと聞き、味に期待が膨らみます。

7月4日、JR東海パッセンジャーズとスジャータめいらくは、東海道新幹線の車内販売にて『スジャータ アイスクリーム マンゴー』(370円・税込)を15万個の数量限定で新発売しました。

硬すぎることで有名な新幹線のアイスクリームにマンゴー味が仲間入りしたと聞いたfumumu編集部は、実際に新幹線に乗った際に食べてみました。


■通常シリーズよりカジュアルな見た目

マンゴーアイス

新幹線限定のこのシリーズは硬すぎることで有名ですが、それもそのはず。スタンダードなフレーバーであるバニラの原材料は、生乳、乳製品、砂糖、卵黄、バニラ香料のみというこだわり。

成分は無脂固形分10.0%、乳脂肪分15.5%、卵脂肪分1.5%という贅沢すぎる内容となっています。

濃厚な味わいにするために、アイスの中の空気の含有量を少なくし乳脂肪分の割合を高くした結果、硬く溶けにくい商品になったそう。贅沢ですね。

「数量限定のマンゴー味を販売しております」という車内アナウンスを聞いて早速販売員さんを呼び止めて購入!

渡されたパッケージは、バニラの高級そうな見た目よりはカジュアルで可愛らしい雰囲気です。High Qualityの文字に心踊ります。


関連記事:「やわもち」新作はストロベリー×餅×チーズが至福の組み合わせ

■やっぱり硬い…!

マンゴーアイス

フタを開けてまず固さの確認です。案の定、スプーンが全く刺さらずスジャータのクオリティの高さを感じます。今回も濃厚な味わいであることがわかります。

スプーンが刺さるようになるまで15分ほど待機します。

インド産アルフォンソマンゴーピューレを使用したアイスクリームらしく、食べる前からマンゴーのいい香りがしました。


■濃厚すぎるマンゴーの口どけ

マンゴーアイス

15分待った甲斐があり、程よく柔らかくなったアイスクリームはなめらかで濃厚な口当たり。アイスクリームの中に空気が全く入っておらず、おいしさとボリュームがぎゅっと詰まっていました。

マンゴーをそのまま食べているかのような濃厚な味と時々感じる果肉の食感がたまりません。

ジェイアール東海パッセンジャーズによると「初めて新幹線パーサーが商品選定に参加」した商品だそうで、夏らしい爽やかな仕上がりとなっていました。

東海道新幹線のぞみ号・ひかり号の車内販売営業列車のほか、リニア・鉄道館でも販売することを予定しているので、夏休みで新幹線に乗る機会が増えるこの時期にぜひ食べたいですね。数量限定のため、見かけたら即買いが吉!

車内販売のホットコーヒー(レギュラーサイズ・ラージサイズ)と一緒に買うと50円引き、 アイスコーヒーと一緒に買うと60円引きのお得なセット販売もあるようなので、長い新幹線の旅が至福の時間になりそうです。

・合わせて読みたい→セブンイレブン『生チョコアイス』の超濃厚な味わいが話題に

(文/fumumu編集部・hayami

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!