子ども扱いは要注意!? 年下彼氏がイラッとする彼女の発言

「相手は年下だから」と思っていると、無意識に相手をイラつかせる発言をしてしまうかも…?

カップル
(Deagreez/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

年下だからって、つい上から目線で発言をしていませんか? そのつもりはなくても、年下彼氏は「馬鹿にされている」と思ってしまうこともあるようです。

今回は、年上の彼女に言われてイラッとしたことを、男性に聞いてきました。


①「社会人になったら分かるよ」

「僕が大学生のころに、会社勤めの彼女がいたんです。学生と社会人だと時間も合わないけど、どうにか調整してデートをしていました。


彼女は仕事が好きじゃないのか、会うと会社の愚痴ばかり。最初のほうはアドバイスもしていたけど、話の最後には『そんな簡単じゃないんだよー』『まぁ、社会人になったら分かるよ』とまとめられてばかりで…。じゃあ、大学生の自分に話さないでくれよと思いましたね。


立場を引き合いにだされてしまうと、なにも言えなくなってしまうし。下に見られている感じがどんどん強くなって、最終的には別れてしまいました」(20代・男性)


関連記事:不倫してしまったら…経験者女子が語る「覚悟するべき」3つのこと

②「まだそんなことやってんだ(笑)」

「同じ大学で付き合っていた彼女は、ひとつ上の先輩でした。就職も、彼女のほうが早かったんです。だけど、僕からすればたったひとつの差。


なのに、サークルでオールしたことやイベントを開催したことを話すと、『若いなー! まだそんなことやってんだ(笑)』とめちゃくちゃ上から目線の発言が…。いやいや、去年までお前も混ざってただろ! と思いました。いきなり年上ぶられても、反応に困ります」(20代・男性)


③「もうおばさんだからなぁ…」

「年の差があるからって、自分を卑下した発言をされるのは困りますね。あまりにもしつこいと、うるさいな! と思ってしまうかも。


『もうおばさんだから…』『年下のかわいい子が彼女だったらよかったねー』とか、年上の彼女に言われたこともありますけど。なんて言ってほしいんだよ? と思ってしまうし、正直面倒くさいです。


そこで『確かにおばさんだよね』って返したら絶対怒るじゃないですか。慰めてほしいだけなら、やめてほしいです」(20代・男性)

人生経験は、年齢で決まるものではないですよね。自分のほうが立場が上だと勘違いしていると、痛い目に合うかもしれません。

年下でも立場は対等なことを意識して、お付き合いを楽しんでくださいね。

・合わせて読みたい→

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!