いいライバルと思っていたのに…あっという間に追い抜かされた体験談

ライバルの存在は、いい刺激になるものです。しかしライバルに大きな差をつけられるのは、つらいことでしょう。

悩む女性
(tuaindeed/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ライバルの存在が、成長の助けになることもあります。しかし相手の成長が著しく、あっという間に抜かされてしまうとショックを受けるでしょう。


■ライバルがいる人は少数派

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,721名を対象に、ライバルと思っている人がいるか、調査を実施しました。

ライバルと思っている人がいるグラフ

「思っている人がいる」と答えた人は、全体で12.9%と少数でした。

fumumu取材班は女性達に、ライバルと思っていたのにあっという間に抜かされた話について聞きました。


関連記事:人のものが欲しくなる!? 彼を狙う女友達の特徴

①同期を「いいライバル」だと思っていたら…

「同期で入社した子のことは、仲良くしていても心の中では少しライバル意識を持っていました。いいライバルとしてお互いが刺激し合って、一緒に成長するイメージを思い浮かべていたんです。


しかし私の同期は、とにかくコミュニケーション能力に長けています。社内外の人たちとすぐに仲良くなり、誰もが目を置く存在になったんです。


もはやライバルなんて、滅相もない感じの遠い存在になりましたよ」(20代・女性)

次ページ ②同じ人を好きになった友達が…

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!