ローラ、保護犬を引き取った報告に反響 「簡単にはできないこと」

モデルのローラさんが保護犬を引き取り、新たに家族が増えたことを報告し、多くの反響が寄せられています。

ローラ
(画像はローラInstagramのスクリーンショット)

モデルのローラさんが保護犬を引き取り、新たに家族が増えたことを報告し、多くの反響が寄せられています。


■「引き取ることにしたんだ」

16日、自身のインスタグラムを更新したローラさん。「うにプロジェクトで保護施設に訪問をしていたら、、なんとさみしい顔でつぶらな瞳のあきちゃんに、心を奪われて、、ママと相談して引き取ることにしたんだ」と、日本から来た保護犬“あきちゃん”を迎え入れたことを明かしました。


関連記事:ローラなども訴えてきた課題が悪化 改正動物愛護法が6月に施行

■「すごく人間が怖いみたい だけど…」

2017年、自身が迎えた保護猫の「ウニちゃん」。これを機にローラさんは“保護犬・保護猫をハッピーにするプロジェクト”「UNI project」を立ち上げ、インスタのアカウント「@uni_project330」を通じて、全国の保護犬・保護猫の情報発信しています。

今回もこのプロジェクトを通してあきちゃんと出会ったようです。ローラさんは「すごく人間が怖いみたい」と綴っているように、5枚アップした写真の中には、怯えた表情を見せるあきちゃんの姿も。

「だけど、少しずつお散歩もなれてきて、きっと元気いっぱいの明るい子になるきがする」と前向きで心強い言葉を残します。


■「愛に溢れた行動力に…」

これまでもインスタで、動物愛護の活動に尽力を注いできているローラさんですが、この行動には「尊敬する」「愛に溢れている」と多くの声が寄せられています。また、早くもあきちゃんの表情の変化へのコメントも。

「簡単には出来ないことを率先してて、本当に尊敬します」


「ローラは綺麗事を口にするだけじゃなくてしっかりと行動する…愛に溢れた行動力に感動します」


「もうすでに、あきちゃんの寂しそうな顔が安心している顔になってる!」


ローラさんのポジティブな発言と優しい行動力には、脱帽します。

・合わせて読みたい→ローラ、ヴィーガンになったことを否定 「どこにもゆってない」

(文/fumumu編集部・冬野 とまと

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事