バイセクシャルが言われてツライ3つのセリフ

バイセクシャルであるゆえに、言われて辛いセリフがあるそうです。詳しく話を聞いてみました。

悩む女性
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

女性も男性も愛することができると言われているバイセクシャル。彼らは、心ない一言で傷つくことがあるといいます。fumumu取材班は、詳しく話を聞いてみました。


①どっちも好きになれてズルイ

「バイセクシャルは女性も男性も好きになることができるから、『どっちも好きになれてずるい』というのは、めちゃくちゃ言われます。それで、一時期は申し訳ない気持ちになっていました。


でも、セクシャルマイノリティで引け目を感じるのはおかしな話ですよね。そういう性質なだけであって、好きで女性も男性も好きになるわけではないので、あまり悩ませるようなことは言わないでほしいです…」(20代・女性)


関連記事:人それぞれなのに…バイセクシャルにある3つの誤解

②男とばっかり恋愛してるじゃん

「バイセクシャルのほとんどは、異性と恋愛していることの方が多いと思うんですよ。だって、セクシャルマイノリティの人と出会う確率は少ないし、そもそもカミングアウトしてもらえるとは限りませんよね。知人にはバイセクシャルだとは伝えているけれど、別に言いふらしているわけではないから、告白前に諦められてしまっていることもあるかもしれません。


それに、社会的に女性として生活しているので、告白されるのも男性からのほうが多いんですよ。それでお付き合いしていると『結局男とばかり恋愛しているよね』と言われて、ショックを受けることが多いです」(20代・女性)


③結局男と結婚できるもんね

「レズビアンの人たちにもよく言われてしまうのですが、バイセクシャルは異性とも恋愛できるので、『いいよね、結局、男と結婚できるもんね』って言われてしまうんです。でも、男だから結婚したいわけではないし、本気で好きになって結婚したいと思った相手が女の子だったこともあります。


言われてしまうことも辛いけれど、当時の思い出も蘇って、泣きそうになってしまいますね」(20代・女性)


バイセクシャルは、恋愛において嫉妬の目を向けられることが多いようです。しかし、性別で好きになるわけではなく、好きになった相手がたまたま異性・同性なだけです。

結婚したい相手が同性であれば悩みますし、恋愛でも悩みは尽きないですよね。嫉妬の目を向ける前に、もう少し視野を広げられるようになれば良さそうですね。

・合わせて読みたい→バイセクシャルに多い質問「好きな異性、同性は?」に当事者が回答

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!