先物買いしたものの…お蔵入りしている2019年春夏アイテム

完売前にトレンドのアイテムをゲットしておこうと、ファッションを先物買いする女性は少なくありませんが…

困る女性
(traveliving/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

周囲で流行っているものが、自分に似合うとは限りませんよね。購入したものの着る機会がなく、そのまま放置してしまっているもの…ありませんか?

fumumu取材班が、すでにお蔵入りしている2019年春夏アイテムについて、女性たちに詳しく聞いてみました。

 

①ダッドスニーカー

「トレンドに乗り遅れまいと、勢いでダッドスニーカー購入しました。でも、いざ履いてみると手持ちの服と全然合わず、持て余しています。

 

普段、カジュアルな服装は全然しないので…失敗しました」(20代・女性)

 

②レギンス

「『レイヤードするだけでオシャレに見える』と、雑誌でモデルさんがワンピースにレギンスを合わせていたので、真似して購入しました。

 

でも、私が履くと垢抜けないどころか、太って見えてしまい…タンスの肥やしになっています」(20代・女性)

 

③Tシャツワンピ

「トレンドのTシャツワンピが特価になっていたので、試しに購入してみました。

 

試着した時はかわいいと思ったのですが、仕事に着ていくわけにはいかないし、デートにも着たくないし…結局、出番がありません。そのうち、パジャマになりそうです」(20代・女性)

 

④PVCバッグ

「情報番組で人気のPVCバッグが特集されているのを見て、その場で同じ商品をポチりました。

 

でも、中身が丸見えになってしまうことにどうしても抵抗があり、使うことができずにいます」(20代・女性)

 

⑤キレイめTシャツ

「『オシャレな人ほど色違いしている』と、SNSで評判のキレイめTシャツ。真似して購入してみましたが、こなれ感が一向に出ません。

 

むしろ、私が着ると部屋着感はハンパなくて…完全に持て余しています」(20代・女性)

 

6月現在でお蔵入りしている2019年トレンドの春夏アイテムを今後着る可能性は、ほぼゼロに等しいでしょう。

セールが始める前、少しでも引き取り手がいそうなうちに、早めにリサイクルした方がいいかもしれませんね。

・合わせて読みたい→冬でも薄着でいたい…オシャレであったかい防寒アイテム3選

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!