好きだけじゃダメ…男子が彼女との相性の悪さを感じた3つの瞬間

「合うかも!」と思って交際が始まっても「合わないかも…」と相性の悪さを感じる瞬間

カップルの喧嘩
(itakayuki/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「この人と合うかも!」と思って交際が始まったのに、時間が経つにつれて合わない部分が出てきた…となると、今後が思いやられますよね。

そこでfumumu取材班は、彼女と合わないかもと思った瞬間について男性たちに話を聞きました。

 

①彼女の部屋が綺麗すぎ…

「元カノの部屋が”潔癖ですか? ”ってくらいに綺麗すぎて、合わなかもなぁと感じた。汚い部屋よりかはいいんだけど、散らかしちゃいけない、と思うとちょっと緊張しちゃってリラックスできなかた。

 

今思えばいい奥さんになるタイプだったのかもな、とは思うけど清潔さが違うと何かとストレス溜まるよね」(30代・男性)

 

②何かと好みが違う…

「観たい映画が毎回違うと相性の悪さを感じてしまうかも。自分の中で決まっているんだけど、とりあえず相手に聞いた際、自分の観たいのじゃない作品を言われると『あー…そっちか』ってなる。好きな映画とかテレビが違うと”面白い”と感じるツボが違うことが多いから、一緒に暮らしてもコミュニケーションが少なくなりそう」(20代・男性)

 

「あまりにも味覚が違うと食事が微妙。味付けの好みが違いすぎると食べたいものも違うし、同じ食事でも感想が違うし。違ってもいいんだけど共感できる部分が少ないと…ねぇ…」(30代・男性)

 

③恋愛の温度差がある

「俺はあまりベタベタしたくない派だけど、彼女がベタベタしたい派だし、LINEも電話も多くてしんどい」(30代・男性)

 

「付き合っても二人の恋愛に対する温度が違うと、そううまくは続かない。趣味嗜好が似ていても恋愛に対する熱量が違うと、どちらかor両方が不満になったり、ケンカになったりするし。付き合うのなら、自分と恋愛スタイルが似ている子がいい」(20代・男性)

 

ぴったり合う人に巡り会うほうが難しいですが、『なんか違う…』と思うことが多くなると、相性の悪さを感じてしまうことも。相手に完全に合わせる必要はないですが、やっぱり譲り合いや相手に関心を持つことは大事なのかもしれません。

・合わせて読みたい→男子が証言! 女友達との恋愛を意識した3つの瞬間

(文/fumumu編集部・美佳

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!