エイプリルフールだけど…男子がドン引きした彼女の「行き過ぎた嘘」

エイプリルフールなら、嘘をついたとしても大抵のことは許されるでしょう。でも、ついていい嘘と悪い嘘はありますよね…

叫ぶ女性
(maroke/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

今日は4月1日、エイプリルフールです。ユニークな嘘なら、騙したり騙されるのは楽しいですよね。

しかし、いくら許されると言っても、行き過ぎた嘘は相手を不快にさせることもあります。

fumumu取材班が、ドン引きした「彼女の行き過ぎた嘘」について、男子達に詳しい話を聞きました。

 

①実家から勘当されて…

「『実家から勘当されちゃって…。帰るところがなくなっちゃったから、一緒に住んでもいい?』と、彼女から相談を受けました。それに対し、『数日間泊まるのは構わないけれど…そのままウチに住むとなると余計にご両親が怒るんじゃない?』と、彼女のことを真剣に考えて答えたのですが…

 

『私と同棲したくないんだ…』と、彼女。勘当というのはエイプリルフールに便乗した真っ赤な嘘で、実は同棲をしたかっただけみたい。かまをかけるなんて、ちょっと酷いです」(20代・男性)

 

②会社をクビになっちゃった…

「突然、『会社をクビになっちゃった…』と電話をかけてきた彼女。『でも、子どもを作るならいいタイミングじゃない?』と、プロポーズを待っているかのような雰囲気をにおわせてきたので、正直ビビりました。

 

『いやいや、まずは早めに次の仕事を探した方がいいよ』と答えた僕に対し、『嘘だよ~』とネタばらしにはなりましたが…エイプリルフール以来、結婚へのプレッシャーを感じ、気が重いです」(30代・男性)

 

③妊娠したみたい…

「突然、『話したいことがある』と、自宅に押し掛けてきた彼女。『妊娠したみたい…』と、真顔で言ってきたので、冷や汗が出ました。

 

でも、喜ぶより先に動揺してしまった自分を見て、『ぶっちゃけ嘘だけど…がっかりした』と彼女に言われ、怒りが込み上げてきました。がっかりしたのは、こっちです。エイプリルフールとは言え、こんな嘘をつくなんて最低です」(20代・男性)

 

相手を不愉快にさせるような嘘はつかないように、気をつけたいですね。

・合わせて読みたい→同棲前に挨拶しないと損? 親の許可を得て良かったこと

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事!


fumumuをフォローしよう!