合コンはチーム戦! 女友達と上手く連携プレーするコツ

一緒に行く友達は、戦友のような存在です。戦場での連携が勝利を呼び込みます。

合コン
(DAJ/amana images/Getty Images Plus/写真はイメージです)

合コンに行くと、他人の言動が気になったり、タイプの男性がかぶっていないか不安になったりすることもありますよね。

しかし、合コンはチーム戦。一緒に行く友達はいわば戦友のような存在です。合コンを成功させるには、女性同士との連携がとても重要になります。

毎週のように合コンでチーム戦をしてきた筆者は、合コンに一緒に行く女友達と上手に連携プレーを組んでいます。


■「褒めエピソード」をつくっておく

まず、友達の良いところを最大限にアピールできる「褒めエピソード」をつくっておきます。自分でアピールするよりも、友達から褒めてくれた方がさりげなくアピールできますね。

「◯◯は、料理が得意なんだよね~!」「こういうところ、本当に尊敬する!」など褒めエピソードを話すことで、褒めた側も「友達のことを褒める良い子」として見られます。

褒める側も褒められり側も男性から好印象を得ることができる、有効な手です。


関連記事:ムカツク! 合コンで抜け駆けした女友達の許せない言動3選

■トイレで作戦会議

目の前に相手が居る状態だと、おおっぴらに話し合うことはできないですよね。そんなときにおすすめなのが、トイレでの作戦会議。

女性だけの空間は、作戦会議にうってつけの場所です。「ちょっとトイレ…」と誰かが席を立ったら、続いて「あ、私も行こうかな。」と一緒に行きます。

居酒屋やレストランで大人数で座る場合、奥の人が席を立つとき、手前の人も必然的に立たなければいけないですよね。

立ったついでに行くと、自然な流れで男性陣に違和感を持たれることはありません。

どの人がタイプか共有して席替えを計画したり、お互いに話していた男性の情報を交換したり、作戦会議によって左右されます。


■机の下のLINE会議

トイレに何度も行っていると、「何を話しているんだろう…」と怪しまれてしまいます。一度の合コンでトイレ会議は2回が限度。

共有したいことや話し合いたいことがあれば、机の下でLINE会議をしています。

目の前であからさまに携帯をいじると印象を悪くしてしまうけど、机の下でササッと送ったり確認したりする程度ならそこまで気になりません。


合コンでは、女性の言動も少し気になってしまうもの。しかし女性同士で火花をちらしていると、せっかくの出会いも無駄になりかねません。

協力し合うことで、男性からのイメージを良くしたりスムーズに気になる人と近づけたりと、メリットがたくさんあります。

お互いの恋を実らせるためにも、連携プレーで協力し合いましょう。

・合わせて読みたい→合コンで注意…こんな女子は女子に嫌われる

(文/fumumu編集部・サカ田シオリ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!