好きな人に想いをちゃんと伝えるには…あとから後悔しない方法3ステップ

フラれるのを怖がってばかりでは、いつまでたっても恋愛で幸せをつかみ取ることはできません。

ラブレター
(paylessimages/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

卒業を控えた学生達の中にも、もうすぐ会えなくなってしまうから…と、片思いを諦めてしまう人は少なくありません。

しかし、どうせ会えなくなってしまうのなら、この際、勇気を出して告白してみませんか。

好きな人に思いをちゃんと伝える方法について、fumumu取材班が女子達に詳しく聞いてみました。

 

①自分の気持ちを整理する

「告白を成功させるためには、ただ、自分の気持ちを伝えるだけではダメです。ポイントは、好き…だから、どうしたいのか? まずは、自分の気持ちを整理するのが大切です。

 

私は、紙とペンを使って、自分が考えていることや感じていることを全て書き出します。付き合いたいのか、それとも、まずは2人でデートに行ければいいのか…。告白することの問題点や影響なども考えていくと、自ずと答えが出てきますよ」(20代・女性)

 

どのような関係になりたいかで、告白する内容は変わってきます。

 

②必要な情報を集める

「自分の気持ちを整理し、どのような関係になりたいかまで決めることができたら、告白に必要な情報を集めます。

 

私は、どうしても気になっていた彼と付き合いたかったので、彼の好みを調べました。学食でよく食べているメニューや好きなファッションブランド、専攻しているゼミを参考に彼が興味を持っている職業まで予想しました」(20代・女性)

 

共通の話題や趣味は、2人の距離を縮めるのに役立ちます。

 

③周囲の協力を仰ぐ

「情報を集めるためには、周囲の協力も必要です。同じ大学なら、友達の友達を辿るだけで、本人との接点が大体見つかりますよ。

 

『●●ちゃんがお前のこと好きらしいよ』など、協力者経由で本人にアクセスすることができれば、脈があるのかどうかの参考にもなります」(20代・女性)

 

頼れる人には頼りましょう。遠慮は不要です。

 

やった後悔よりも、やらなかった後悔の方が、心に残ると言います。準備が整えば、告白する勇気が持てるかもしれませんよ。

・合わせて読みたい→自分から告白したことがある女子が語る「メリットはとっても多い」

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!