合コンは終わってからが勝負! 男子に送るLINEのコツ

合コンの間で相手の心を掴むのは、よほど外見が相手の好みでない限り難しいですよね。終わってからのLINEで印象が変わってきます。

帰りにスマホ操作
(nikoniko_happy/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

彼氏が欲しいと思って合コンに参加しても「なかなか出会いに繋がらない…」と悩む人は多いですよね。

合コンの短い時間だけでは、相手の心を完全に掴んで行動に移させるのは難しいとなると、合コン後の連絡が鍵となります。

どのタイミングで、どんなLINEを送るとその後の関係が発展するのか。毎週末合コンに参加してデートに繋げてきたfumumu取材班の記者が実践した、反応の良かったメッセージのポイントを紹介します。


■合コン後にすぐ送る

合コンが終わって家に帰ったら、「今日はありがとう」「楽しかった」と伝えましょう。

合コン後の男性は、楽しんでもらえたのか不安になるもの。あなたから来ることで、安心して誘いやすくなります。

男性側に奢ってもらったり多く出してもらったなら、お礼も忘れずに。早めに感謝を伝えることで、「礼儀がしっかりしている子だな」と好印象を得ることができます。


関連記事:好みじゃない相手に…脈なしだとスマートに伝えられる会話

■合コン中の会話を絡めて送る

定型文のようなLINEだと、「社交辞令っぽい。」「みんなに送ってるのかな。」と勘違いされてしまうことも。合コン中の会話を絡めた内容で、会話を覚えている、興味があることをアピールしましょう。

とはいえ、合コンでは複数の人と話すので、会話の内容を全て覚えているのは難しいですよね。そんなときは「◯◯の話、面白かった!」「私も◯◯に興味があるから、今度教えてね。」などとキーワードを出すだけでも印象は変わります。

定型文だけのやりとりで終わらず続きやすいです。


■次に繋がる話題を出す

やりとりが始まったら、次の誘いに繋がる話題を出しましょう。

例えば「オムライスが好きなんだ!」と食の好みについて話すことで、「じゃあ今度一緒に食べに行こうか」と食事に誘われるきっかけを作れます。

休日の過ごし方についての話題もおすすめです。


せいぜい2~3時間の合コンの間で相手の心を掴むのは、よほど外見が相手の好みでない限り難しいでしょう。

相手の行動を待っているだけでなく、自分から送って、関係が発展するきっかけを作りましょう。

・合わせて読みたい→初対面でも安心! 合コンで失敗しない&避けた方がいいネタ

(文/fumumu編集部・サカ田シオリ

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事