女子にやってはいけない…年齢を聞かれてイラッとしたエピソード3選

女性にとって、年齡はデリケートな問題である。それでも気軽に聞いてくる人が、ときどきいるようで…。

肌を気にする女性
(maroke/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

年齢は、その人が生きてきた証といえます。しかし女性にとっては、あまりうれしいものでもないのが本音なのではないでしょうか?

 

■女性は年齢を聞かれるのが嫌

fumumu編集部では全国20〜60代の男女1,537名を対象に、人から年齢を聞かれるのは嫌か、調査を実施しました。

人から年齢を聞かれるのは嫌だグラフ「聞かれるのは嫌だ」と答えた人は全体で25.4%と、4人に1人いることが判明したのです。

性別・年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっています。

人から年齢を聞かれるのは嫌だ性別・年代別グラフfumumu取材班は女性達に、年齢を聞かれてイラッとしたエピソードについて聞きました。

 

①母親が若くて自分は老けている

「うちの母は童顔で、私と一緒にいると『姉妹ですか?』と聞かれることが本当にあります。これは母が若く見えるのもありますが、私がちょっと老けているのも原因です。

 

母の遺伝子を受け継がず父に似てしまったために、私はいつも悲しい思いをしています。母の年齢を聞いてびっくりした後に、私の年齢を聞かれるのがとても嫌で…。

 

母には『見えないですね。お若い!』なんて褒め言葉なのに、私のときは『そうなんだ…』と歯切れが悪い対応ばかり。いつもの流れですが、まったく慣れないですね」(20代・女性)

 

次ページ ②年より上に見られたい女性

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!