道端アンジェリカ、SNSで乾癬告白に「コメントを見て勇気をもらえた」

「世界乾癬(かんせん)デー2018メディアイベント」に道端アンジェリカが登場

道端アンジェリカ

道端三姉妹の三女でモデルの道端アンジェリカさんが24日、「世界乾癬(かんせん)デー2018メディアイベント」に登壇。

昨年5月に自身のInstagramで乾癬であることを公表しており、自身の症状や過去の悩み、乾癬と告白した前後について振り返りました。

 

■スタイルも肌もキレイすぎ

今年7月に、第1子となる男児を出産したばかりのアンジェリカさん。赤いミニドレス姿は、産後とは思えないスタイルです。

道端アンジェリカ

3ヶ月の息子は「こんなにかわいいと思わなかった! 夜泣きを全くしなくて、すごい寝てくれる。旦那さんの友達や家族は『旦那さんに似てる』って言うし、道端家は『道端家に似てる』って言うし。奪い合いです」と、ママの顔で微笑みます。

 

■嘘をついて長袖を

自身のインスタグラムで告白するまでは「こんな風に悩んでいるのは私だけなんだろうな」と感じていたそう。

道端アンジェリカ

「(一昨年の)10月くらいから、症状が凄かったんです。『道端アンジェリカ=露出』じゃないですか。スタイリストさんも露出多めの服を持ってくる。なので、『加圧トレーニングで腕にアザが出来てるから、長袖のワンピースがいい』とか…いろんな嘘をついて、衣装を用意してもらったりしてました」と明かします。

仕事はしないといけない、人前に出ないといけない、でも他人の目線が気になる。「(仕事が)すっごい、つらかったです。出たくなかったです、正直。早く収録終わって、早く帰りたい」…そう思っていたと言います。

 

次ページ ■「もう、いいや!」

この記事の画像(6枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!