想定外だったけど幸せ! 既婚女性たちの「夫との馴れ初め」

運命の出会いは、意外なところに隠れているのかも!?

カップル
(itakayuki/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

中国には、「人算不如天算」ということわざがあります。「人の考えは天の考えには敵わない」という意味で、人が計算しなくても天がちゃんと計算してくれると言われています。

恋愛では、相手の職業や年収などで付き合うかどうかを判断しがちですが、選んでも期待通りにならなかった経験がある人は多いでしょう。

流れに身を任せていると、案外、天の計算が働いているのかもしれませんよ。

fumumu記者が、既婚女性に夫との馴れ初めについて、話を聞きました。

 

①見た目は苦手なタイプ…

「合コンで初めて出会った夫は、身長が低くて小太り。見た目は苦手なタイプだったので、正直相手にもしていなかったのですが…席替えで隣になり、話しているうちに、彼の優しい人柄に惹かれました。

 

その後も連絡を取り合ううち、いつの間にか、彼に夢中になっていました」(20代・女性)

 

②片思いの人が婚約で失恋…

「友人を介して、片思いの人が婚約したことを知りました。その年の年末に忘年会で久しぶりに会い、酔った勢いで好きだったことを告白してしまいました。

 

すると、『実は破談になって…』と、まさかの返答が! その後、ほどなくして付き合うようになり、今は私と婚約中です」(20代・女性)

 

③旅行先で自撮りに奮闘していたら…

「イタリアに1人旅をしていた時、トレビの泉前で自撮りに奮闘していた私に、『写真撮ってあげるよ』と、声を掛けてくれた日本人男性。彼も1人旅だったので、お互いに記念写真を撮り合ううちに仲良くなりました。

 

旅行好きな彼とは趣味が合い、すぐに意気投合。帰国後から付き合うようになり、新婚旅行は2人でアジアに行きました」(20代・女性)

 

天の計算は、人には計り知れません。また、すぐに答えが出ないこともあるでしょう。

しかし、日々の何気ない出会いが、運命の出会いになるのかもしれませんね。

・合わせて読みたい→既婚女性に聞いた「4低男子」と結婚してはいけない3つの理由

(文/fumumu編集部・NANA

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!