スタイリスト直伝! 女子から女性へ…大人可愛いアイテムの選び方

アラサーは、お洒落のターニングポイント!

買い物する女性達
(Tomwang112/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

年を取るとともに、似合う服が変わってくるのは仕方のないこと。しかし、可愛いと思っているのは着ている本人だけで、周りから見ると“若作り”なコーデって時々目にしますよね。

女子から女性になる時。大人可愛く変身するためには、どのようなアイテムを選べばいいのでしょうか。

fumumu取材班がスタイリストに話を聞きました。

 

①スカート丈は“膝上”から“膝下”に

「お肌のハリや艶は、加齢とともに失われていきます。顔であればメイクで何とかごまかすことはできますが、体型を矯正するのは難しいでしょう。とくに、膝上はお肉がもたつきやすく、傍から見るとだらしない印象になることも。

 

女性はアラサーから、スカート丈を“膝上”から“膝下”にするのがおすすめ。お肌の露出を抑えることでクラス感がアップするだけでなく、体型をカバーすることもできて一石二鳥です」

 

②カラフルな色味は“小物”で取り入れる

「加齢とともにくすみがちなお肌。カラフルな色味のお洋服はくすみを強調し、着ている本人の雰囲気自体を暗くしてしまうことも。

 

大人の女性なら、『シンプルイズベスト』なコーデが一番。白や黒を基調としたモノトーンは、しっとり落ち着いた雰囲気を演出することができ、年を重ねるほど映えます。カラフルな色味はシューズやアクセサリーなどの小物で取り入れて、コーデのアクセントにしましょう」

 

③柄物はフェミニンな“花柄”がおすすめ

「秋冬コーデの柄物といえば“アニマル柄”が定番ですが、大人の女性が着ると“オバサン臭”を増加させるだけです。

 

“花柄”は年齢を問わずに取り入れることができ、フェミニンな可愛らしさを演出してくれます。“レトロ”がトレンドになっている今年は、ビンテージ感のある花柄を選べばグッとお洒落に見えますよ」

 

「年相応の洋服を着た方が、逆に可愛く見えますよ」と、スタイリストは話します。

大人っぽいアイテムを着ることで、若々しい雰囲気が強調されるのだそう。

秋の衣替えの際に、参考にしたいですね。

・合わせて読みたい→アパレル店員に聞いた「プチプラ服を高見せさせる」3つのテクニック

(文/fumumu編集部・NANA

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!