『水曜日のダウンタウン』、おいでやす小田が収録中“閉所恐怖症”を発症し賛否

過去に企画で閉所恐怖症を発症した松本人志さんも「分かるよ、俺も分かる分かる」と心配の表情。

おいでやすこが・おいでやす小田

21日、お笑いコンビ・おいでやすこがのおいでやす小田さんが『水曜日のダウンタウンSP』(TBS系)に出演。

収録中に“閉所恐怖症”を発症し、番組へ賛否両論の意見が寄せられています。


■お化け屋敷の中にお化けメイクで監禁

今回の放送では「お化け屋敷のルート中にお化けメイクされて捕えられてたら、めちゃ助けてもらいづらい説」を放送。

突如現れたスタッフに「これ水曜日の悪魔すか? 僕初めてかも、これ襲撃されるの」と戸惑いながら連行された小田さんは、メイクも衣装もそのままで縦型の棺桶に入り、外から姿が見えない状態での脱出に挑むことに。


関連記事:おいでやす小田、『ラヴィット』卒業をドッキリと勘違い 「ウソやん!」

■閉所恐怖症を発症

しかし小田さんは閉じ込められてすぐ、「あ、すみません、スタッフさん。あの、すみません。ちょっとマジです。ちょっとパニック…すみません。ちょっと呼吸…ちょっと呼吸が…」と、どんどん呼吸が荒く乱れていき深刻な雰囲気に。

スタッフによって扉が開けられ、外に出られるも「ちょっとすみません、マジで無理かもしれないです。呼吸がちょっと。たぶん閉所がホントに無理…無理で…」となお呼吸が落ち着かない様子。

その後、車で一旦休憩を取り、落ち着いたところで「狭いところがダメなんですか?」と質問を投げかけると、「いやぁ…ぽいですね。ここまでのことしたことないんで。ちょっと知らなかったっすけど自分でも。ホンマに無理なやつかもしんないこれ。えっ…だから閉所恐怖症? ってやつですね。たぶんいわゆる」と自身でも初めての体験であったことを明かしました。

続きを読む ■「暗くても大丈夫」とロケ内容を変更

1日5分で首肩スッキリ! MyComfort ネックストレッチピロー【Amazonでチェック】

おすすめ記事