25歳女性が代理出産で22児の母に… シッター費用は年1200万超

25歳ですでに22児の母!高額な出産・養育費用に驚き。

赤ちゃん
(SeventyFour/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

少子化問題を抱える先進国が多数存在する中、ロシアのある女性が21人の赤ちゃんを育てている驚きのニュースが報道されました。

その高額な出産・養育費、及び夫のトラブルなど、波乱万丈な展開も大きな話題を呼んでいます。


■22児の母

元ストリッパーで現在25歳のクリスティーナ(Kristina Ozturk)さんは近年トルコの富豪であるガリップ(Galip Ozturk)さんと結婚、代理出産を利用し21児を設けました。

現在ジョージアに在住しているというクリスティーナさんは2020年3月から2021年7月の間に16.8万ユーロ(約2314万円)をかけて代理母に依頼をし、21人もの赤ちゃんを設けたというのです。

元々いたという子供と合わせると22児の母となったクリスティーナさんは代理出産を利用した理由について「なるべく早くたくさんの子供が欲しかったから」と話しています。


関連記事:真実は2人しか知らない。 未婚の母・浜崎あゆみに共感する女性たち

■巨額の養育費、そして…

夫婦は以前メディアの取材に対し「子供は合計105人欲しい。大家族にしたい」と答えており幸せいっぱいの生活を披露していました。

しかし22人の子供を育てるには相応の労力が必要です。ゆえに16人のベビーシッターを雇っていたクリスティーナさんは「その代金だけで代替1年に9万ユーロ(約1236万円)費やしています」とも告白しています。

順風満帆に見えた二人の大家族計画ですが、その目標は2021年に夫・ガリップさんがマネーロンダリングの罪で逮捕されたことにより一時中断となりました。

続きを読む ■夫の逮捕でSNSも一時中断

入浴剤にもマッサージにも! 『エプソムソルト』 (硫酸マグネシウム) 【Amazonでチェック】

おすすめ記事