マクドナルド店内に“電子レンジがある理由”に驚き 「さすがスウェーデン…」

『世界くらべてみたら』で紹介された、スウェーデンのマクドナルド。店内に電子レンジが置かれている理由が素敵すぎると話題に。

マクドナルド

10日放送の『世界くらべてみたら』(TBS系)では、世界のマクドナルドを特集。

そのなかで紹介された、北欧・スウェーデンで行われている取り組みが、インターネット上で注目を集めました。


■スウェーデンのマックは「緑」

人口は日本の10分の1ほどでありながら、世界第2位のSDGs先進国であるスウェーデン。

看板も自然や植物を表す緑を基調としたナチュラルカラーのデザインで、内装も、木材が多く使用された北欧らしいオシャレで広々とした空間が広がり、スタジオからも驚く声が上がります。

また、日本では「マック」や「マクド」ですが、スウェーデンの若者たちの間では、「ドナルド」を短縮して「ドンケン」と呼ばれているのだそう。


関連記事:本日はスウェーデンの夏至祭り 大使館アカウントがあの映画を「忘れて」とコメント

■店内に「電子レンジ」が置いてある理由

そして、スウェーデンのマクドナルドは広くてオシャレなだけではなく、店内には、客のための電子レンジが置いてあるといいます。

これは、小さい子供を連れて来店する人のため、ベビーフードやミルクを温めるために設置されているもので、番組では、赤ちゃんを連れて来店し、店内の電子レンジでベビーフードを温める客の姿も紹介されました。

これには、女優の上白石萌音さんは思わず「え~!」と感嘆の声をこぼし、TOKIOの国分太一さんも「優しい!」とこの取り組みを絶賛していました。

続きを読む ■「日本も…」と多くの反響

北欧風 多機能ティッシュケース リモコンラック【Amazonでチェック】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事